So-net無料ブログ作成

ゴミいっぱい [地域]

1-IMG_20190305_091526.jpg

 3月に入ってあっという間にひな祭りも過ぎてしまいました。娘が嫁いでもう7年ほど、それ以降も毎年、妻は雛飾りを出していましたが、今年はもう良いかと言って出していませんでした。

 ところが2日に孫たちが遊びに来ておひな様を出して欲しいと言います。孫のうちにはガラスケースに入った雛飾りを贈ってあるのですが、ママは出していないそうです。

 急に雛飾りを出す羽目になり、一時座敷は足の踏み場が無いほど雛飾りの箱などでいっぱいになってました。4歳の男の子はわけがわからずただ箱からいろいろな装具を出して遊ぶばかり、6歳の孫はさすがに女の子、お人形に興味があるのかと思ったら、首を引っ張ったり引き抜いたり、バアバが一人で奮闘していました。

 
1-IMG_20190303_084243.jpg

 翌3日、ひな祭りの日、私は営農組合の出役で圃場のゴミ拾いに狩り出されました。田んぼでなぜゴミ拾いをするのかというと、私たちの圃場の周りには国道から抜け道になる農免道路が縦横に走っています。

 そこを走り抜ける車からゴミが投げ捨てられるのです。ほとんどがコンビニ袋のようなナイロン袋に入ったまま捨てられています。

 稲刈りを終えて田んぼが裸になった頃から目立ち出しました。その前から草刈をしているときも畦際に投げ出されたゴミを見かけることがありましたので、伸びた稲で隠れて目立たなかっただけなのかも知れません。

 営農組合で田植えや草刈くらいしかしていませんが、農免道路を走るたびにゴミが散乱した私たちの田んぼを見ると腹立たしい思いにかられました。

 今まででも組合の役員さんが出て拾ってくれていたそうです。あまり広範囲で量が多いので今回、我々の出番となったわけです。

1-IMG_20190303_084241.jpg

 広い圃場、20人あまりで東西南北に分かれゴミ袋を持って圃場の中をゴミを拾って歩き回ります。以前は道路際にあったゴミは、風のせいか圃場の奥の方、あちこちに散らかっています。

 またカラスがゴミ袋の中の食べ残しを漁って散らかします。この日、ゴミを拾っている時も、数羽のカラスがゴミ袋を突っついていました。

 拾ったゴミは圧倒的にナイロン袋が多かったです。中身はどうなったのか細かく散乱したゴミは拾いきれません。弁当の容器、お菓子の袋、ジュースの紙パックなど様々でしたがなぜか納豆の容器、玉子の透明パックなどもありました。

1-IMG_20190303_092652.jpg

 ナイロン袋は風で飛び、水切りのために圃場に切られた溝に嵌まって静まっています。腐ったり溶けたりしないのでいつまでも残ります。これから田植えの準備作業で、機械に絡まったり田植え作業の邪魔をしたりします。

 圃場の真ん中を線路が走っています。踏切際には、とくに煙草の吸い殻がたくさん落ちていました。固まって落ちているので信号待ちの間に吸い殻入れをひっくり返すのでしょうね。

1-IMG_20190303_092558.jpg

 組合長は、作業の始めの挨拶で情けないと言っていましたが、本当に情けなく腹立たしいことです。日本人は先進国の仲間入りをして、きれい好きになったのではなかったのですね。

 よく、某国のマナーの悪さなどをマスコミが取り上げ馬鹿にしたりしていますが、こういう現実を見ると私たち日本人もあまり変わらないような気がします。

 サッカーの試合で日本人観客がゴミを拾って観客席をきれいにして帰ったと海外で賞賛され、美談ニュースとして紹介されたりしていましたが、その同じ日本人が母国でこの所業ですからね。サッカーファンとここの農免道路を通る人たちとは違うかも知れませんが。

 ゴミを車からポイ捨てした人たちも田んぼのお米を食べているでしょうに。たとえ直接私たちの米を買わないとしても同じ事ですよね。

1-IMG_20190303_092724.jpg

 約一時間あまりでゴミ袋はほぼいっぱいになりました。隣の肥料袋には、缶ゴミが入っています。営農組合でこのゴミをまとめて処分するのは大変なので、各自が持ち帰って家庭ゴミと一緒に出すことになりました。

 面白いことがありました。家に帰って圃場で拾ってきたゴミが入ったゴミ袋を家の裏に放っておいたら、カラスがどこからか寄ってきたのです。きっと彼らの知っている餌の匂いがしたのでしょうね。


 今日のKKenny Drew(ケニー・ドリュー)です。ヨーロッパに渡ったジャズピアニストですが70年代に一時、脚光を浴びたことがありました。私も来日コンサートに行きました。その時を思い出してYouTubeはライブ映像からです。ただ、私が行った時より後年の映像のようで、ドリューもベースのニールス・ペデルセンもずいぶん歳を取っているようです。



nice!(45)  コメント(16) 

nice! 45

コメント 16

いっぷく

>某国のマナーの悪さなどをマスコミが取り上げ馬鹿にしたりしていますが、こういう現実を見ると私たち日本人もあまり変わらないような気がします。
全くおっしゃるとおりです。
他人のことが気になったら、まず自分はどうだろうかと考えるようにしています。
by いっぷく (2019-03-09 01:48) 

takenoko

車の中は家の中みたいにきれいにしてゴミは外へ、困ったものですね。
by takenoko (2019-03-09 07:29) 

yoko-minato

お雛様、やはりいいものですね。
我が家は男の子ばかりで縁がなく
私ように飾りたいと思うこともありました。
ゴミを平気で捨てる人ってどんな思いなのでしょうね。
誰かが始末するだろうということですかね。

by yoko-minato (2019-03-09 11:53) 

sigedonn

道徳を正規の授業に組み込むとか。
きな臭いことはさておいて、公徳心が身につくといいですね。

by sigedonn (2019-03-09 20:11) 

そらへい

いっぷくさん
こんばんは

ゴミ拾い作業自体は、農作業に比べればずっと楽で
時間もさほど掛からなかったのですが、
自分のゴミをよそに捨てていくというその心根が情けなく
また自分たちの田んぼを汚されるのが腹立たしかったですね。
by そらへい (2019-03-10 20:26) 

そらへい

takenokoさん
こんばんは

そういう車に限って、ピカピカに磨かれていて
室内は土禁だったりするのでしょうね。
by そらへい (2019-03-10 20:27) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんばんは

私も子供の頃は男兄弟で、友達の家におひな様があって
我が家にも欲しいと思ったことがありました。

ゴミを平気で捨てる人たち、
始末する人たちの事など何も考えてなくて
ただ、自分の出したゴミなのに、
自分の周りに置いておきたくないだけなんでしょうね。
by そらへい (2019-03-10 20:30) 

そらへい

sigedonnさん
こんばんは

ゴミのポイ捨て、公徳心の欠如と言うより
犯罪行為に近いと思います。
一種の環境汚染ですからね。
by そらへい (2019-03-10 20:32) 

ぼんぼちぼちぼち

車からゴミを捨てるなんてサイテーでやすね。あ、もちろん、歩いてて捨てるのもサイテーでやすが。
以前、走ってる車が突然止まったかと思いきや、中から車の灰皿にごっそりたまった吸い殻が 道の傍にごそっと捨てられ、車はまた走り去っていきやした。
怒りがこみあげやした(◎o◎:
by ぼんぼちぼちぼち (2019-03-10 21:44) 

そらへい

ぼんぼちぼちぼちさん
こんばんは

本当に最低というか、程度の低さがわかりますね。
そうか、道路に捨てているのかも知れませんね。
田舎道は建物など遮る物がないので
そのまま風で田んぼに転がっていくのかも。
彼らにとっては、自分の車や家以外は
全てゴミ捨て場なんでしょうね。
自分が出したゴミも始末できないなんて・・・
by そらへい (2019-03-11 20:24) 

yoko-minato

おはようございます。
PCでは中々書けないことがありますね。
実際はかなりの額が無くなっていて
この結果になりました。
途中おかしいと思ったものの書類がそろっていて
私たちに手が出せないように準備していたのです。
弁護士さんが関わってくれたおかげで
今は安心して過ごしています。
記事にするのも悩みましたがこんなこともあると
書かせて頂きました。


by yoko-minato (2019-03-14 06:17) 

たいへー

リクエストがあれば、致し方なしですね。^^
やはり座敷には花が必要です。
by たいへー (2019-03-14 07:50) 

えくりぷす

お孫さんたちに頼りにされていますね(^^♪
勝手にゴミを捨てる輩には困ったものです。私の散歩コースにも沢山捨てられているところがありますが、そこは近くのパチンコ屋さんの従業員が毎週掃除しています。
きっとそらへいさん達を見て、心の中で手を合わせている人もいると思いますよ。
by えくりぷす (2019-03-14 09:12) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんばんは

実害があったのですね。
でも身ぐるみ剥がされないうちに
修復できて良かったですね。
身内と言っても、お金のこととなると怖いですね。
きちんと書類が揃っていても
見る人が見れば、その成り立ちを辿って
無効にしてもらえるものなのですね。
従姉妹さん、安心して老後を過ごされると良いですね。
by そらへい (2019-03-15 22:45) 

そらへい

たいへーさん
こんばんは

ジイジとバアバの二人だけの味気ない座敷に
束の間、孫の花が咲きました。
by そらへい (2019-03-15 22:47) 

そらへい

えくりぷすさん
こんばんは

頼りにされているうちが花です。
そのうちだんだん遠ざかって行きそうです。

生活している以上、ゴミが出るのは仕方ないですが
それを自分できちんと処理せず人に迷惑をかける行為は
本当に困ったものですね。
幸い、私たちがゴミ拾いしてから
圃場ではその後ゴミを見かけません。
群集心理というか、ゴミが捨てられているのを見て
自分もやってしまう人が多いのでしょうね。
by そらへい (2019-03-15 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。