So-net無料ブログ作成

獅子舞2019 [日々]

1-1-DSC_5012.JPG

 当地の冬の風物詩のひとつ、獅子舞が今年も我が集落にやってきました。彼らがやってくる1月下旬、どんよりした寒空の日が多いのですが、今年は角付けして回る獅子の頭に明るい日差しが当たっていました。

 姿は見えないのに、笛や太鼓の音が遠くから聞こえてきます。すると人々は、家の表に出て獅子が来る方向を何度も見やります。自分の家に来る順番が気になるのです。

 笛や太鼓の音が一段と賑やかになって、やがて我が家の順番が来ます。昔は玄関から土間になっていて家の奥の勝手口まで入ってもらい、おくどさん(竈)の回りで獅子がお祓いをしてくれるのですが、今は竈もないので家の玄関先で踊ってもらいます。

 剣を振り、鈴を鳴らして獅子が舞うのは3分から5分ほどでしょうか。一連の舞が終わると笛や太鼓の人はさっさと次の家に向かい、獅子を被った人だけが最後に残ります。

 彼は、被っていた獅子の兜を脱ぎ「ありがとうございました」と礼をして次の家に去って行くのですが、その日は珍しく「では、お元気で」と挨拶して行きました。

 珍しい事です。妻も不思議がっていました。私は、また来年までお元気でと言うことなのだろうと思いましたが、妻はもう辞めるのではないかと言います。そう言えば、挨拶していった人は年配の方でした。定年?伊勢神楽にもあるのでしょうか。

 昔は獅子舞の一行の中には、毎年顔を見るおなじみの人が何人かいました。しかし最近は年ごとに人が変わっている気がします。今年は、初めて見る若い人が珍しく笛を吹いていました。太鼓を叩いている方もあまり見かけない太った方でした。

 自分のブログ記事を検索してみると、8年前の記事に「お元気で」と言った方が写っている写真がありました。そう言えば、獅子を脱いでこっちを見た顔は少し痩せていて、8年分の年月を感じさせていたようにも思います。

 以前、近所の人が祝儀をたくさん包んで「女形(おやま)道中」をしてもらおうと思ったら、逆に獅子舞の人に断わられたのだそうです。人手がなくて出来ないと。

 何の業界でも人不足が言われている昨今、一年中旅暮らしの伊勢神楽に人は集まりにくいのでしょうね。とくに若い人は入る事は入っても続かないかも知れません。

 私が子供の頃は、女形道中の他にも漫才や曲芸などを披露してくれましたが、そいういう芸を習得するには時間もかかると思います。角付けの舞も見ている以上に重労働なんだと思います。


1-1-DSC_5083.JPG

 モノクロームにしてみると、昔の写真を見ているような錯覚に陥ります。そして何も変わっていないような気がしてきます。




 今夜のJJohnny Hartman(ジョニー・ハートマン)とです。彼のアルバムは持っていないのですが、コルトレーンと組んだアルバムをよく聞くせいか、耳に馴染みのある歌声です。

 
曲は「シャレード」。高校生の頃、初めて見たオードリ・ヘップバーンの映画でした。この曲を聞くとなんとなくその頃自分を包んでいた甘く切ない雰囲気が懐かしく思い出されます。



nice!(50)  コメント(18) 

nice! 50

コメント 18

takenoko

こういう行事がなくなると寂しくなりますね。来年も顔を合わすことが出来ると良いですね。
by takenoko (2019-01-26 05:45) 

yoko-minato

おはようございます。
こういう行事がまだ残っている
素晴らしいことですよね。
でもそれらを引き継ぐ人たちが
いないと難しいですね。
我が集会所も役員が順番なのですが
年齢を重ねて引き受ける人も
大変です。
by yoko-minato (2019-01-26 08:50) 

しばちゃん2cv

お伊勢さんからこられるのですね。
湖北地方は4月の桜の時期です。
by しばちゃん2cv (2019-01-26 15:27) 

きよたん

昔からの伝統を守る人たち 貴重です
静かな夜にウイスキーでも飲みながら
聞いてみたい曲 いいですね
by きよたん (2019-01-26 20:29) 

そらへい

takenokoさん
こんばんは

伊勢神楽は、国指定重要無形民俗文化財に指定されているので
無くなることは無いと思いますが
規模は少しずつ小さくなっていくかも知れませんね。
将来は、一戸一戸の角付けの風習が無くなって
文化財的な意味合いの濃いものとして残っていくのかも。
by そらへい (2019-01-27 20:38) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんばんは

ここ50年ほどで、街道の街並みというか
一軒一軒の家の様子もずいぶん変わりました。
角付けしていく家の形も変わって
土間もおくどさんも無い家ばかり
角付けの形も変わってきています。
今後若い人たちが、角付けしてくる獅子舞を
受け入れていくのかどうか
by そらへい (2019-01-27 20:41) 

そらへい

しばちゃん2cvさん
こんばんは

私たちのところは、毎年正月の月です。
よく小雪がちらついているときに
獅子舞の一段が通り過ぎて行くことがあります。
湖北の桜の下での獅子舞
一度見てみたいですね。
by そらへい (2019-01-27 20:43) 

そらへい

きよたんさん
こんばんは

ジョニー・ハートマンの歌声、朗々として良いものですね。
シャレード、心に残る好きな曲です。
昨夜は初めての積雪
雪を見ながらお酒を片手に聞くのも良さそうです。
今夜はもう消えてしまいましたが。
by そらへい (2019-01-27 20:47) 

ぼんぼちぼちぼち

なるほど、獅子舞事情も、後継者がいなかったりと、時代とともに変わりつつあるのでやすね。
消えずにいつまでも遺り続けてほしい文化でやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-01-28 15:21) 

そらへい

ぼんぼちぼちぼちさん
こんばんは

国指定重要無形民俗文化財だそうですので
すぐには無くなったりはしないでしょうが
それを支えている風土のようなものがどんどん変化しているので
風物詩としては年々淋しくなっていくような気がします。
by そらへい (2019-01-28 20:05) 

yoriko

冬のそして日本の風物詩と言って良いほど心が温まる風習ですね。
育ったところが賑やかなところだったので一度も見る機会がありませんがそれでもこうして拝見すると心が和み懐かしさが湧いてきます。係りの方の入れ替えはあってもこれからも長く伝わってほしい行事ですね。
by yoriko (2019-01-28 23:12) 

そらへい

yorikoさん
こんばんは

里山を旅して回る獅子舞の一行を追いかけるドキュメンタリーが
ありそうな気がしますね。
ずっと昔、NHKの「新日本紀行」でやっていたことがありました。
雪の日や桜の咲いた里山の獅子舞
日本の原風景のような気がしますね。
by そらへい (2019-01-28 23:21) 

いっぷく

>漫才や曲芸
これで食べていけるだけの仕事場が今はないですね。
昔は芸人はテレビに出るという目標がありますが
今のテレビタレントは芸人とは全く別物ですから
by いっぷく (2019-01-30 02:52) 

そらへい

いっぷくさん
こんばんは

獅子舞(伊勢神楽)の一行は、10人から15人ほどのグループで行動されます。普通は角付けして回るのですが
神社などで総舞という芸能を披露します。
もっと大がかりな獅子舞と、その中に漫才や曲芸が含まれます。
全体でひとつの生業にしている事になりますね。
by そらへい (2019-01-30 20:01) 

たいへー

我が家に獅子が襲撃したことはないが、
山の神だったら、過去に噴火したことが・・・(大汗
by たいへー (2019-01-31 08:09) 

yoko-minato

お風邪などはだいじょうぶですか!
寒い日が続き、乾燥も続いていますね。
機能少し雨が降り少しだけ潤ったような
気がします。
お体、ご自愛ください。
by yoko-minato (2019-02-01 16:19) 

そらへい

たいへーさん
こんばんは

我が家の山の神は、還暦を過ぎたというのに
いまだに小噴火を繰り返しています。
年に一度来る獅子に納めてもらいたいところです。
by そらへい (2019-02-02 21:21) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんばんは

ありがとうございます。
年の初めは忙しくて疲れておりましたが
最近休みをたくさんとれるようになって休養も十分です。
回りで風邪を引いたり、孫の友達がインフルエンザなどで
いつこっちに来るか戦々恐々の思いですが
ありがたいことになかなかやってきません(笑)
雨のあと少し風冷たかったですが
今日はまた、春のような暖かさでした。
今年は本当に暖かくて、高齢者には助かります。
とは言え、まだ朝晩は寒い日が続きます。
yoko-minatoさんも、お身体気をつけてお過ごしください。
by そらへい (2019-02-02 21:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。