So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仲間入り [日々]

DSC_7450.JPG

 先週の台風は凄かったですね。所用で外に出ないといけないことがありました。まっすぐ歩けないほどでしたね。何か飛んでくるのではないかと怖かったです。近くの川でも氾濫危険水域に達したニュースが流れ避難勧告が出ている地域がありました。

 我が家は例によって、畑の囲いが傾いたり、簡易物置の板が飛んだり駐車場の波板が剥がれかかったりしていただけで、幸いたいした被害はありませんでした。

 台風の前から続いていた長雨、台風一過を期待したのにその後もどんよりした空と雨が続きました。昨日、今日になってやっと晴れ間、久々の秋晴れでした。しかし、明日からはまた、次の台風22号の影響で雨らしいですね。秋のいちばん良い時期が、雨と台風で終わってしまいそうです。

DSC_7431.JPG
(畑の囲いを直している時、葉っぱが付いていると思ったらショウリョウバッタでした。けっこう大きかったです)


 今日は珍しく通院の話です。通院と言ってもどこかが痛いとか動かないと言うわけではありません。健康診断で血糖値が高いことを指摘され、ずっと気になっていたのをやっと行ってきました。

 血糖値が高いのは60歳前後から気にはしていました。HbA1c(グリコヘモグロビン)が6%を超えた頃です。その後、加齢とともに少しずつ上昇していたのが3年前に6.9%に急上昇しました。

 何とか薬を飲まずに抑えたいと、節制したり糖質を抑えたりして6.3%まで下げました。あと少しだったのですが、体重はこれ以上落とせませんし節制にも限界を感じました。そして今年の健康診断の結果、案の定、6.8に逆戻り、あきらめて病院へ行った次第です。

DSC_7438.JPG

DSC_7441.JPG

 私は親に丈夫に産んでもらったおかげで、今まで大病大怪我知らずで来ました。しかし、どうもこの高血糖というのだけは遺伝のようです。

 父は早く亡くなったので詳しくは聞いていないのですが、確か血糖値が高目だと言っていたような気がします。父方の叔母は糖尿病を患っています。弟は仕事柄、食生活も不規則なせいもありますが糖尿病の薬のやっかいになっているそうです。

 加齢とともにインシュリンの分泌が減ってくるのだそうです。薬を飲むのはあまり好きではありませんが、この歳、何か一つくらいは仕方無いかなと思います。

 お医者さんも、私を見てこれ以上痩せろとも言えないしどうしますか、と問われたので薬を希望しました。とりあえずいちばん軽めの薬を処方していただくことになりました。

 血糖値が高い時だけ作用して、比較的低血糖に陥らない薬だそうです。毎朝食後、一錠です。薬、飲み慣れていないので時々忘れます。

DSC_7462.JPG

DSC_7463.JPG
(ボケていますが増水した水路にザリガニがいました。私の足音が聞こえるのか近づくと素早く後じさりして石の下に隠れてしまいました)

DSC_7519.JPG
(セイタカアワダチソウにモンシロチョウ、翅が傷んでますね)

DSC_7520.JPG
(台風でなぎ倒されたコスモスの中で、上を向いていました)

 今年9月、厚労省の発表によると「糖尿病を強く疑われる者」の人口は1000万人と推計されているとか、病院に行っていようが行くまいが健康診断で指摘されていたのでとっくにその推計の中に入っているのでしょうが、病院に行って薬を処方してもらうといよいよ仲間入りした気がします。

 その後、眼科診療を奨められましたので行ってきました。眼底検査の結果は異常なしでした。ついでに見てもらった白内障は年齢相応だったそうです。

 糖尿病も怖い病気ではありますが、他に病もなく、今のところこれくらいで済んでいるので感謝すべきなのではないかと思います。ぱっと治る病気でもないので出来るだけ悪化しないように気をつけながら、長く付きあっていこうかなと思っています。

DSC_7626.JPG
(チカラシバ、名前の通り台風の影響をみじんも感じさせずに力強く立っていました)


 名前がDの頭文字で始まるジャズミュージシャンも大物がけっこういますね。今夜はDuke Ellington(デューク・エリントン)です。若い頃、なんとなく食わず嫌いなところがあったのですが、最近再認識しています。曲は有名なTake the A Train(A列車に乗って)です。このYouTubeの映像は、ジャズの楽しさ、ビッグバンドの楽しさが溢れていますね。

 



nice!(47) 

nice! 47