So-net無料ブログ作成
検索選択
オーディオ ブログトップ

SP-LE8T(1) [オーディオ]

2017-02-12 07.25.31.jpg

 先日の朝、出勤するため職場に向かって車を走らせていると、車窓に朝日を浴びている集落の裏山が見えました。雪をいただいてまるで信州か北の方の山のように輝いています。あまり見慣れない光景でしたので、信号で止まったおり、スマホのカメラで撮ってみました。


 さて、オークションで落札したSPーLE8Tです。20センチフルレンジ一発なので、小さいサイズを想像していたら、届いた荷姿が大きくて驚きました。重さも想像以上でした。これではとても妻に隠れてこそこそと部屋に持ち込む事は出来ません。

 分厚い段ボールの箱から、クッション材、包装まで、出品者のSP-LE8Tに対する思い入れと敬意を感じさせる丁寧な梱包でした。スピーカーというのに、出品者手製のマニュアルまで添えられていました。

DSC_6209.JPG

 (正面にあるLUXのチューナーとアンプはオブジェというと聞こえは良いのですが、実際は置き場が無いのでそこに置いているだけです。従って結線はしていません)

 SP-LE8T、こうして部屋に据え付けてみると、なかなか風格を感じさせますね。さすが1960年、70年代を代表するビンテージJBLです。

 それにしても、その当時からすでに40年あまりの歳月が流れているのですが、回り回って60代の私がサンスイ&JBLの格子縞のスピーカーを所有することになるとは思ってもいませんでした。

 20代の私は、ジャズとオーディオに明け暮れていました。当然、JBLのスピーカーには強い憧れを抱いていましたが、ジャズ喫茶にあるのは大型のシステムばかり、一方安月給、安アパートの私が所有できるスピーカーは限られています。

 その頃、民生用JBLとして一番小さくて安かったのがL26DECADEとかL16DECADEでした。大きさ的には私の部屋でも置けそうでしたが、値段が一本で7万円、多分給料とあまり変わらなかったかそれ以上だったと思います。とても手が出ませんでした。

 同じ頃、SP-LE8Tも同等か少し安い値段で発売されていたはずなのですが、なぜかほとんど記憶がありません。多分、その頃の私はフルレンジLE8Tの良さを知らなかったのだと思います。また、ジャズという外国の音楽を聞くのに、サンスイの格子縞が和風に見えて、興味を引かなかったのだと思います。

 (当時、友人がサンスイの格子縞のスピーカーを所有していました。彼はそのスピーカーを真空管アンプで鳴らしクラシックを聞いていました。多分、それはSP-LE8Tではなくサンスイのオリジナルスピーカーだったと思います)

DSC_6216.JPG

 部屋の中央にあったSP-LE8Tと同世代のスピーカー、SCANDYNA A25MK2を外して代わりにSP-LE8Tをセットしました。すぐにも音出ししたいところですが、添えられているマニュアルにはエージングをするように書かれていました。

 中古だからエージング不要なのではと思ったのですが、エッジを交換されレストアされているので新品同様のエージングが必要なのかも知れません。ここは出品者の指示に従うことにしました。

 数時間のエージングも済ませていよいよ音出しです。SP-LE8Tを所有されていたり、かつて所有されていた方のほとんどが高域不足に悩まされるとおっしゃっているので、音を聞くまで少し心配と緊張がありました。出品者のマニュアルでさえ、ツィーターの追加に言及しているほどです。

 初めに聞いたのはクリフォード・ブラウンのメモリアルアルバムでした。聞き慣れた彼のトランペットがどんな音に聞こえるのかもっとも気になるところです。

 気持ち良くトランペットが吹き上がって思ったより綺麗な高音が出たので一安心です。いやむしろどこが高域不足なのだろうと思うくらい気持ちよい高音が出ています。反対に自慢の低域がJBLらしくありません。音が弾みません。なんだかもごもご籠って聞こえます。

 おかしいなと思いながらしばらく聞いて、アッと気づきました。なんとスピーカー切り替えスイッチを忘れてCelestion UL-6のまま聞いていたのです。先ほどの高音も低音もUL-6のものでした。

 気を取り直して再挑戦です。しかし、それではエージングも出来ていないことになりますが、もう待ちきれません。エージングの時間もそこそこにして音出しすることにしました。

 聞こえてきた音は、あまりぱっとしたものではありませんでした。もっと軽快に前へ出て来る音を想像していました。クリフォード・ブラウンのトランペットがくすんで聞こえます。これが高域不足のせいなのでしょうか。

 次にいつもリファレンスレコードにしているマイルス・デイヴィスのバグス・グルーブを聞きました。ここで聞くミルト・ジャクソンのバイブの音がどう聞こえるかです。結果は、うーん、期待したバイブの珠のようなきらめきがありませんでした。

DSC_6223.JPG

 それから数枚聞いてみたのですが、あまりぱっとしません。せっかく大枚はたいて落札したのに、これは失敗したかなぁと思いました。

 人気のある機種なので、オークションに出せば元くらい取り戻せるかなと思いました。また、皆さんが推奨しているツィーターの追加も考えました。

 LE8Tに合うツィーターをいろいろ調べて見ました。皆、JBLの名器、ユニットだけなので値段はそれほどしませんが2個合わせるとそこそこの金額になります。

 お金を掛けない方法としてひらめいたのが、この間ニコイチで作ったCelestion3、その余ったスピーカーにあるツィーターを2つ使うことです。

 外観からして同じ型ではなさそうですが、間違えて聞いたUL6のツィーターはクリフォード・ブラウンのトランペットを見事に鳴らしました。何処にもそんな記事は載っていませんが、Celestionのツィーターを使う手、廃品利用もかねて、案外面白い組み合わせになるのではと思えました。

 ただツィーターを追加して2ウェイにするにはいろんな方法があるらしいのですが、どれ一つとして私には自分の力では出来そうにありません。一番簡単そうな抵抗を入れて繋ぐという方法さえ、私にはわかりません。

 そんなこんなを思ったり、ふたたびオークションを行き来したりしながら、SP-LE8Tを聞き続けていました。聞き始めてから2.3日経った頃の事でした。

 ふと気づくとSP-LE8Tの音がいつの間にか生き生き響いているのに気づきました。耳がこのスピーカーに慣れてきたのか、ようやくエージングが進んだのでしょうか。

 LE8Tの音は、軽くてカルフォルニアの乾いた音とよく評されていますが、私には重量感のある音に聞こえました。それはユニットと言うよりサンスイのどっしりしたエンクロージャーのせいかもしれません。重くて馬力のある音がどんどん前に出てきます。この張り出し感がアルニコマグネットの特徴でしょうか。

hirobot2001-img600x450-14824226921cycyh32320-002.jpg

 我が真空管アンプ、A3500は出力が20W+20Wしかないのですが、とてもアンプの非力さを感じさせません。それどころかもう一つのシステム、130WのYAMAHA、A2000aを上回るパワーを感じさせます。

 何より聞いていてすごく心地良いのです。これが真空管アンプとフルレンジユニットの組み合わせの魅力なのでしょうか。ずっといつまでも聞いていたくなるのです。

 レコードプレーヤーの調子が悪く、仕方なしCDを掛けまくっていたのですが、音の輪郭のはっきりした強い音で迫ってきます。

 暮れからお正月、一月の間、お天気の良い日も悪い日も、時間があると部屋に籠もってSP-LE8Tを聞きまくりました。50年代、60年代のジャズアルバムをとっかえひっかえして聞き直し、そのたびに新しい発見があり、聞けば聞くほど良くなっていく気がするのでした。


 今夜のBで始まる名前のジャズプレーヤーはBobby Timmons(ボビー・ティモンズ)です。彼はピアニストですが、アート・ブレーキージャズメッセンジャーズの演奏でおなじみの「モーニン」の作曲者でもあります。今夜は彼自身のピアノ演奏で「モーニン」です。




nice!(42)  コメント(20) 

優しき伴侶を [オーディオ]

DSC_6189.JPG

 ここのところ毎回同じような雪景色の写真をアップしている気がします。もちろんそれぞれ違ったときに撮っているのですが、1月15日に今年初めての積雪があって以来、毎週降っています。

 さすがに雪国のように、根雪になることはありませんが、やっと溶けたと思ったらまた降り出して、屋根の上や日陰にはいつも雪が残っている状態が続いています。

 先週は暖かい日が何日かあって、その間に雪も溶け畑に出ることも出来ましたが、今週は寒さが戻って毎日の雪降りです。この寒波14日あたりまで居座るそうです。

 雪が降ったり寒い日が続くと畑に出ることもかなわず、鳥を撮りに行くのも億劫で、仕事に出かける以外は室内に籠もりがちです。そんな毎日になると予想したわけではないのですが、室内遊びに最適なおもちゃを去年の暮れにゲット・・・今日はそんなお話です。


 暇に任せてオークションの画面を眺めていたら、以前から欲しいと思っていたものが、他より安い設定で出品されていました。しかも出品者の履歴を見ると、過去にも同じものをいくつか出品されていてそれぞれ良い評価を受けておられます。信頼出来る方の信頼できる品のようです。

 オークションは基本的には中古品、一点ものなのでこの機会を逃すと次に同じ物に出会えることはありません。しかもこの出品者、今回でこの型番の出品は最後になると言っています。そんなことを言われると購買意欲がかき立てられます。

 ただオークションの場合、出品時安くてもその後入札があって結局相場に近い値段、あるいはそれ以上になってしまうことはよくあることなので、マークだけしておいて最終日まで見守ってみることにしました。

 最終日が来ましたが、不思議なことに一人の入札もありません。これはいよいよ私に入札せよと言っているのではないかと思えてきます。もちろん終了まで油断は出来ないのですが。

 終了時間20分ほど前になって見てみてもまだ入札がありません。このまま入札が無い場合は再出品されることもありますし、出品が取りやめになるケースもあります。

 この状態で入札すると、そのまま落札してしまいそうです。それはそれでありがたいような怖いような複雑な気分です。時間切れまで大いに迷いました。

 中古品は一点もの、この機会を逃したらもう二度同じ品には出会えないとは言うものの、それが一種の幻想であることもわかっています。

 確かにこの一点にはもう出会えませんが、同じ型の商品はいっぱいあるし、下手をするともっと安い良い商品に出会える機会が無いとも限りません。

 何より資金のめど、と言うかこの買い物に対して妻にどう説明すべきか、算段が全く立っていません。そのことを思うと気が重くなり、そのハードルの高さにいっそあきらめてしまおうかと思います。

 残り時間数分です。迷うのですが、自分でもだいたいわかっているのです。私はこういう場合、過去の例からしてほとんど入札してしまっているんですね。

 夜遅かったので布団に入っていました。枕元に置いたスマホでオークションの画面を見ています。終了まであと5分を切ったとき、結局、何の算段も思い浮かばないまま、ポチッとしてしまいました。

 終了ぎりぎりに入札があると終了時間が5分だか10分だか自動で延長になります。入札して次の終了時間までまた10分、その残り時間が刻々と減っていきます。

 オークションを始めた頃は、この時間どきどきしたものです。何とも言えない緊張感があって病み付きになりそうでした。でも最近は面倒くさく感じることがあります。私は布団を被って寝込むことに決めました。

 ところがその途端、高値更新があったという知らせが枕元のスマホにメールで知らせてきました。えっ、と思いました。今まで一人も入札者が無かったのに、私が入札したらライバルが現れるなんて。

 最初に入札したとき、入札するのは一度だけと決めていました。もし他の入札者があった時はあきらめようと。しかし、いったん勢いのついた思いは簡単に止められません。自分に課した約束などすっかりを忘れて、ええいとばかり、再入札です。

 すると枕元でまたスマホが唸ります。ふたたび高値更新があったのです。終了時間は延び、落札金額は上がっていきます。

 2度目の高値更新があったあと、落札金額が私が想定していた予算に近づきました。これ以上すると少しも安い買い物ではなくなります。

 この調子ではまた相手は入札してくるだろうとは思いましたが、もう限界です。私は3回目の入札を済ませると枕元のスマホの電源を切ってしまい、頭から布団を被って寝ることを決め込みました。

 その日は、疲れていたのでしょうね。普通こういう場合、興奮してあるいは気になってなかなか寝付けないものなのですが、案外早く寝付いてしまいました。

 夢を見ていたのでしょうか。翌朝、目を覚ました私は、ああ良かった。無駄使いしなくて済んだ。苦しい言い訳を考えたり、小言めいた苦情を聞かなくて済んだとほっと胸をなで下ろしたのです。

 ところがスマホの電源を入れ、オークションの画面を開くと、なんと「おめでとうございます。あなたが落札しました」と表示されているではありませんか。

DSC_6199.JPG

 こちらが落札した品です。

 あ、画像を間違えました。これは同じ頃amazonで買ったトミカのミニカーでした。20年程前乗っていたVWゴルフⅡのミニカーが、同じ紺色で出ていたので思わずポチッとしたのでした。

DSC_6193-001.JPG

 落札したのはこちらです。古いオーディオフアンなら知らない人はいないのではないかと言うJBLのフルレンジユニットLE8Tをサンスイの格子模様で有名なエンクロージャーに組み込んだSP-LE8Tです。

 1970年代、アルコニマグネットを搭載したビンテージJBLです。その音の感想などは、長くなりそうなので次回以降に譲ろうかと思います。


 今夜のYouTubeジャズは、ボーカルでBlossom Dearie(ブロッサム・ディアリー)です。ジャズボーカルには珍しく可愛い歌声ですね。Someone To Watch Over Me 優しき伴侶を と言う意味だそうです。



nice!(40)  コメント(34) 

ニコイチ [オーディオ]

DSC_1443-002.JPG

 この間の雨が止んで、あたりを見回してみると急に木々が色付きだしたような気がしています。11月も半ばを過ぎて季節はいよいよ晩秋、あちこちの紅葉も見頃を迎えているようです。

 そんな中、今日は久々にオーディオネタです。お金が無いとそういつも新しいアイテム導入することも出来ません。お金が無くても出来るのは、機器の配置換えくらい、それも済ませてしまうとしばらくはネタも途切れがちになってしまいます。

 気になって「ほぼ金曜日のそらへい」のマイカテゴリを見てみたら、なんとオーディオは今回で二回目という有様でした。前の「そらへいの音楽館」では76もあるのにです。もっとも総記事数に差がありますが、それにしてもです。

DSC_1491.JPG 

 なぜ今回久々のオーディオネタになったかというと、急にお金が出来て新しいアイテムが導入されたからでは無くて、このところずっと平穏な日々を過ごしていたのですが、やはり機器の故障が原因になりました。

 パソコンに向かうときは、サブのスピーカーCelestion3に切り替えて少音量で音楽を流しています。机の上の台に乗せてあるのですが、いつからかビビり音が出るようになってきました。

 かなり耳に近い位置で聞いているので、低音入力時に発生するビビり音がよく分かります。左チャンネルの方だけなのですが片方だけでも気になることに変わりはありません。

 たぶん、YAMAHAのアンプA-2000aの低音をブーストしだした頃から発生するようになった気がします。メインのスピーカー、JBL4312Dでは何とも無いのですが、古いCelestion3では低音ブースト刺激が強すぎたのかも知れません。

_DSC0002-001.JPG JBLコントロール1

 しばらく我慢していたのですが、どうにも我慢できなくなってCelestion3を外してしまいました。代わりに、最近使っていなかったJBLのコントロール1に変更です。

 これでパソコンをしながらとりあえず音楽を流すことは出来たのですが、ただコントロール1,遠くでボリュームを上げて聞く分には、そのサイズとは思えないほど良い音で鳴るのですが、耳のそばで聞くスピーカーではないようです。近くで聞くと音の荒さが目立ちます。少しボリュームを上げるとうるさく感じます。

 数ヶ月我慢してはいたのですが、秋になって音楽が心地良い季節になってくると、Celestion3の耳あたりのよい音が恋しくなりました。

 思い切って修理を依頼することにしました。引き受けて下さった方からユニットを外して送ると送料も少なくて済むと教えていただいたので、おそるおそるドライバーを持ち出しました。

_DSC0009-001.JPG

 以前、Celestion100のツィーターのダイアフラムがへこんでいるのが気になって、自力で直そうとユニットを分解して、ひどい目に遭っています。でも今回はエンクロージャーからユニットを外すだけだからドライバーさえあれば何とかなりそうです。

 スピーカーの中は、他のオーディオ機器に比べるとスカスカです。ユニットを外したエンクロージャーボックスの中は、細いリード線と白い綿が見えるだけでした。エンクロージャーからユニットを完全に切り離すには、リード線を外す必要があります。切るしかないなぁと思って中を覗いているときに思い出しました。

 Celestion3、もう一組ジャンク品を買ってあったのでした。古い機器なのでもしもの時用に買っていたのをすっかり忘れていました。

 ジャンクのCelestion3はバスレフ式でした。私が使っているのは密閉式ですがそれはエンクロージャーにダクトがあるかないかの形式が違うだけです。ツィーターやウーハーなどのユニットは外観上、全く同じに見えます。修理に出す前にユニットを交換して見る価値はありそうです。

_DSC0016-001.JPG

 ジャンクCelestion3のジャンクの理由は、片方が音が全く出ませんでした。もう一方は音は出ますが、ツィーターのダイアフラムが激しくひしゃげています。しかも両方ともサランネットが欠品していました。確か5千円か6千円ほどで落札したと思います。

 私はハンダ付け出来ませんので、リード線を切って圧着スリーブで繋げば良いとリード線を切りました。ところがあとで判ったのですが、リード線はユニットにハンダ付けされているのでは無く、差し込み式になっていました。

_DSC0007-001.JPG上の写真の赤と青のツィーター用のリード線は気がついてからなので線を切らず、差し込み用の端子が付いたままになってます。下のウーファー用の黄色いリード線は、切れています。

 密閉式Celestion3のウーファーを外し、ジャンクCelestion3の音が出ない方のウーファーを外して密閉式に取り付けてみました。駄目なら、もう一方の音が出ている方のウーファーに交換すれば良いと思ったのですが、ちゃんと音が出ました。ビビりもありません。嬉しくなりました。

_DSC0008.JPG

 ついでに、密閉式Celestion3のツィーターのダイアフラムに微少な凹み傷があったので、これもジャンクCelestion3の綺麗なツィーターと交換しました。ニコイチで密閉式Celestion3のできあがりです。

 さっそくコントロール1を外して、Celestion3を取り付けました。久し振りに聞くCelestion3はJBLコントロール1のあとで聞くとちょっと物足りないくらいおとなしく刺激のない音です。

 でも、聞き慣れてくると物足りなく思えた音が豊潤に響き始めます。ボーカル、ギターのつま弾き、ピアノのリズム、滑らかなクラリネットの音色、音量は同じなのに耳に心地良くなじみます。

 ニアフィールドで聞くのでこれくらいがちょうど良いのです。アンプ側で少しボリュームを上げても、全然うるさく感じません。さすがCelestion3です。

 久々のオーディオいじりでしたが、これくらいなら冷や汗もかかず楽しく過ごせました。

DSC_2135.JPG


 ある雑誌を読んでいたら、浅川マキがジャズボーカルの範疇に入れられていました。そう言われれば、彼女はフォークの出ですが、確かにジャズのムードがあります。ビリー・ホリディなどに通じるところがあるような・・・

 でも今夜は同じA行でもAstrud Gilberto(アストラッド・ジルベルト)。こちらもジャズと言うよりボサノバで有名な歌手ですが、やはりスタン・ゲッツと共演した「イパネバの娘」があまりにも有名。



nice!(34)  コメント(22) 

去年の夏のこと [オーディオ]

 同級生の話が続きます。ちょうど一年ほど前の今頃のことです。例によって、同窓会を開く名目の元、その準備と称して実行委員で集まっていました。しかし、日取りにはまだ十分間があったので、打ち合わせはほんの少し、おおかたはカラオケをしたり、夜遅くまで営業しているファミレスでお喋りしたりしていました。

 テーブルを横に長く繋いだ私たちの席では、銘々がいろいろなことを喋り合っていてとりとめがありません。何のきっかけだったか私がジャズの話をしたら、それまで別のグループで喋っていたsatoshi君が急に反応してきました。

 彼は私がジャズを聴いているのを知らなかったらしく、身を乗り出してきます。もちろん、私もその実行委員の中にジャズに強い関心を持っている仲間がいるとは思ってもいませんでした。

 第一、私と彼は中学時代一度もクラスがいっしょになったことがなく、この実行委員になるまではほとんど交流がなかったのです。

 彼はマイルス・デイヴィス~キャノンボール・アダレイの「オータム・リーブス」はいいなぁ、と何度も言います。私も負けじとクリフォード・ブラウンやアート・ペッパーの話をします。それから話は、当然のごとくオーディオに移っていきました。

 ここでも驚かされました。聞いてみると彼の所有しているシステムは半端ではありません。まさかそんな凄いシステムを持っている人が同級生にいたとは、ジャズ仲間が見つかった以上の驚きでした。

 元々オーディオというのは孤独な趣味と私は思っていました。20才代こそ、私の仲間はほとんどが部屋にオーディオ装置を備えていましたが、それ以後、大人になってからは、オーディオ趣味の人に会ったことがありません。(ブログをするようになって、多くのオーディオファンの存在を知るようになりました)

 とくに田舎ではそんな人はいないと思っていたら、以前自転車店でJBL4343を見かけ、ああ身近にもいるんだなぁと認識を新たにしたことがあるのですが、それもそれっきりでした。

 意気投合して、それからすぐ彼は私を招待してくれました。白い壁でがっちり囲まれた彼のオーディオルームは母屋から独立していました。取り立てて防音されているわけではありませんが、ある程度の音量はゆるされそうな環境です。
 入り口から入り組んだ狭い通路は棚に囲まれその棚には、レコードやCD、DVDなどがぎっしり詰まっていました。

2015-07-20 20.53.55.jpg

 暗かったうえスマホのカメラで撮ったので、ボケています。

 通された部屋は私の部屋より少し広く感じられました。とくに前後の奥行きはかなりありましたね。

 正面に42インチのTVモニター、YAMAHAやパイオニアのAVアンプ、プロジェクター用のスクリーンを吊すポールも立っています。そしてTVモニターを挟んだ左右には大型スピーカーが鎮座しています。彼自慢の逸品、JBL4333、アルニコマグネットだそうです。その上に乗っているのはビクターのSX-500でしょうか。

 いつもは彼が座る特等席に座らせてもらいました。思いっきりボリュームを上げて、彼は「オータム・リーブス」をかけてくれました。 

 キャノンボール・アダレイのアルトが炸裂し、マイルスのミュートのきいたトランペットが突き刺さります。その瞬間、私の部屋のオーディオ装置が全て吹っ飛んでしまったような衝撃を受けました。

2015-07-20 20.55.59.jpg

 彼のオーディオシステムです。上からCDプレーヤーDENONのDCDー2500NE SACDプレーヤーです。二段目がアキフェーズのプリアンプ、C-200V、三段目が同じくアキフェーズのパワーアンプP-300Vとものすごい構成です。これだけでたぶん軽く100万を超えていそうです。

2015-07-20 21.05.54.jpg C-200V 

2015-07-20 21.06.03.jpg P-300V

2015-07-20 20.56.39.jpg

 JBLスタジオモニター4333のサランネットを外して、ブルーバッフルと38センチのウーファーを見せてくれるsatoshi君。

 オーディオのアイテム数では私の方が彼より多いですが、一品一品の格は比べようもありません。我がシステム、束になってかかっても彼のシステムの半分にも及ばない感じです。私のはどうしてもG級オーディオ(中古がらくたオーディオ)の域を出ません。

 当然ですが、彼の所から帰ってきて、我がシステムを鳴らしてみると、その差に愕然とします。物足りない事この上もありません。ある程度音量を上げてもあの強烈な低音、伸びやかなベースの音、鋭く立ち上がる高域は出てくるはずもありません。

 かと言って、対抗出来るような新しいシステムを買う余裕もありません。あれから一年、新たな苦悩(?)の始まりです。我がJBL4312のセッティングを練り直したり、アンプで低音をブーストして見たり、試行錯誤が続いています。


nice!(35)  コメント(24) 
オーディオ ブログトップ