So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

田植え2017 [日々]

DSC_0753.JPG

 先週の土曜日は営農の田植えの出番でした。5月も後半、爽やかな初夏の気候を通り越して夏のような暑さのさなかでの作業でした。

 このところ少し体力が落ちているのではないかと心配していたのですが、午前中、思ったより動けたので安心したのも束の間、午後から気温は上昇、水面の照り返し、おまけに風も止んで顔が火照ります。

 午後も4時頃になると、疲れで集中力も無くなってきて運ぶ苗をひっくり返してしまったり、田んぼに危うく落ちそうになったり、一息いれたいところですが作業は休みなく続きます。


DSC_0729.JPG
 

 最近の農業は機械化が進んで昔に比べるとずいぶんに楽になりました。機械も大型化し田植え機は苗を植えながら同時に肥料を施したり除草剤の散布もやってしまいます。

 昔なら一反の田んぼに何人もの人が掛かって半日、一日掛けていましたが今はその10倍、6.7人で一丁の田んぼを一時間あまりで終えてしまいます。

 ただ、苗箱から苗を取り、田植機に積み込む作業は今のところ人手に頼るより方法がありません。この作業を省くには直蒔き農法しかないのかも知れません。


DSC_0728.JPG

 作業は朝8時から夕方5時までお昼の一時間の休憩を挟んで続きます。機械は高速で休みなく動き続け、私たち苗を渡すものは、機械に追われるように動き続けます。普段はそこまで身体を動かすことはありません。しかも今年の暑さ、バテるのは当然かも知れません。

 もちろんバテたのは私だけではありません。そこで作業していたものほとんどがバテてていました。畦に座り込んでしまったり、立っているものは軽トラの荷台やボディに身体を預けている始末。毎度のことながら農業は過酷な作業と思う瞬間ですね。

DSC_0747.JPG


 構成メンバーはほとんど私と同じ世代、中に一人でも若い世代がいてくれると助かるのですが、年々若い人の姿が減っているように思います。たまに手伝いに来ても、この作業に懲りてしまうのでしょうか。

DSC_0735.JPG



 検索してみると、毎年、この時期は田植えの記事をアップしているようですが、その中でも今年は特別ハードだった気がします。

 翌日は、お決まりの筋肉痛でした。とくに立ち上がったりしゃがんだりするので足腰の筋肉が悲鳴を上げました。

 ゴールデンウィーク後半から始まった今年の田植えも、ようやく終わりました。早く植えた田んぼは折からの好天に恵まれて苗もすくすく育っているようです。

DSC_0755.JPG

 一昨日は、待望の雨が降って気温もやっと下がりました。人と同様、カラカラだった畑も一息ついたことだと思います。
DSC_5305.JPG
 庭のアジサイがもうすぐ来る梅雨の用意を始めていました。


 Cの項目は大物ジャズメンが目白押しです。今日はバップの巨匠、Charlie Parker(チャーリー・パーカー)です。曲はナウ・ザ・タイムです。


nice!(0)  コメント(0) 

竹の秋~「人生が二度あれば」 [音楽]

DSC_5253.JPG


DSC_5251.JPG


 五月の陽光を受けた桜の若葉がいよいよ緑の色を濃くしています。その葉を透かして木漏れ日が斑に庭に落ちています。


 朝、畑に出てみるとヒバリやムクドリの声がかまびすしくしています。畑の周りでは数羽のツバメが面白いように黒い背や白い腹を見せて低空を滑空している姿が目にとまります。カメラを向けてみるのですが、動きが速すぎて捉えられません。


DSC_5268.JPG


DSC_5240.JPG


 3週間ほど前に今年最初の草刈をした休耕地のあとに、もうシロツメクサが咲きそろい始めています。畑の夏野菜たちも日に日に成長しているように、回りの草たちも成長しているのですね。ただひとつ遠景で枯れた色を見せている竹藪、春の季語、竹の秋です。


DSC_5259.JPG


DSC_5262.JPG


 以下の文章はほぼ一年前に書いて、そのままにしていました。内容が一年前のものなので年齢などが違っていますが、そのことを加味してお読み下さい。 


 


 コンサートに行ったせいで、このところダイアナ・クラールと井上陽水をよく聞いています。部屋で聞くだけでなく車の中でも聞けるようにしています。


 英語の歌だと意味が分からないので、純粋に音楽と声だけを楽しめるのですが、日本語の歌は意味が分かるので良い面と悪い面がありますね。今回はつい、歌詞の意味に引っかかってしまった話です。


井上陽水「人生が二度あれば」の歌詞はこちらです。



断絶

断絶

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2006/10/04
  • メディア: CD


  「人生が二度あれば」ある意味衝撃的なタイトルです。1972年、井上陽水デビューシングルになります。もちろん作詞作曲も陽水自身、最初のアルバム「断絶」にも収録されています。


 アルバムは持っていませんが、二十代前半か中頃、東京のアパートでこの歌を聞いた記憶があります。恋や愛の歌が多い中で、考えさせられる歌だったので印象に残っています。歌詞に重ね合わせて、田舎の両親のことを思ったものです。


 ディスコグラフィを見ると、アルバム「断絶」は1972年に発売されています。井上陽水は1948年生まれなので、この歌は少なくとも彼が二十四歳以前に作ったことになります。


 歌の内容からしても彼の両親、あるいは彼の両親世代を歌ったものだと思います。今更ながらその若さでこのような歌詞の歌をひっさげてデビューしてきた陽水に畏敬の念を覚えます。 


 私は陽水より三歳下ですが、ほぼ同世代ですから私の両親もまた彼の両親と同じような世代だったと思います。そして実際、この歌詞の通りでした。


DSC_5189.JPG


 私の両親もこれと言った趣味も持たず、朝から晩まで働きどうしで、ただ子供たちの成長だけを楽しみに人生を送っていました。


  父は寡黙であまり苦労を語りたがりませんでした。口を開くと愚痴に成るからと思っていたのかも知れません。反対に母は自分の子供時代のことなどを時々愚痴っていました。でも性格は反対で父は内向して暗く、母は口で言っている割には楽天的だったような気がします。


 それがいつの間にか一回りして、私がこの歌の両親と同じ歳になるとは。当時の私には想像も出来ないこと、ある意味愕然とします。


 聞きながら、でもと思います。この歌は六十五歳になったものへの歌ではなく、六十五歳の親を持つ子供が親のことを思う歌なのだと。今、六十五歳になる我々は必ずしもこの歌の通りではないのではないかと思います。


 まず私たちと親の世代では時代が違いすぎます。私たちは親たちの苦労のおかげもあって、いろんな意味で恵まれていたように思います。進路を選ぶ自由もあり、好きかってさせてもらう余裕のようなものがありました。


 六十五歳になったからと言って、もう一度人生をやり直したいとか、人生が二度あればなどとは思いません。良くも悪くも今までの人生で十分ではないかと思っています。


 もっとも私がどう思おうと、子供たちが私をどう見ているかは別です。彼らから見れば、確実に親の姿は小さくなり、顔のシワと白髪は増えて写っているはずです。六十五歳になってもまだ働こうとする私を働き詰めと思っているかも知れません。


 翻って、私たちの両親だって、もう一度人生をやり直したいと思っていたかどうかは定かではありません。確かに客観的に見ても、あの世代は、選ぶ自由はなく、青春時代は戦争の中にあり、物資のない貧しい時代を生き抜き、戦後復興を支えて働きづめでした。でもだからといって、彼らが自分の人生を否定していたかどうかはわかりません。


 


DSC_5248.JPG


父と母がこたつで お茶を飲み
若い頃の事を 話し合う
想い出してる
夢見るように 夢見るように


 家に残る古いアルバムに、弟が撮った二人のそんな写真があります。穏やか表情を浮かべてコタツを囲む二人の姿、その心の内を子供といえども推し量ることは出来ません。


 私たち夫婦も歳を重ねて、たまにこの歌詞のように昔話を語り合うようになりました。そんな私たちを見て、子供たちは私たちのことをどう思っているのでしょうか。


DSC_5296.JPG


 


 「人生が二度あれば」をYouTubeでさがしてみたのですが、カバーばかりでオリジナルが見つかりませんでしたので、「心もよう」にします。




 


nice!(44) 

SP-LE8T(2) [オーディオ]

_DSC0324.JPG


 野面に咲き誇っていたレンゲも咲いたと思ったらあっという間に漉き込まれてしまいました。この時期にしては蒸し暑い夜、車の窓を開けると田植えを終えた田んぼや田植えを待つ田んぼから、カエルの合唱が賑やかに聞こえてきます。


 去年の暮れギリギリに我が家に届いたSP-LE8T、その記事を何回か続けようと思っていたのですが、間に東京行きの話が入ってしまい、さあ再開しようと思ったらもう5月も半ば、約半年近くの時が経ってしまっていました。 


 


 元々ジャズ用のスピーカーとしては同じくJBLの4312Dを使用しています。こちらは今は最新型ではなくなりましたが、数年前に購入したときは現役の型番でした。


 ジャズを聞くには優秀なスピーカーで、正直、私には十分なスピーカーと思っていました。初めは真空管アンプのシステムに繋いで聞いていたのですが、真空管アンプの音では音が柔らかすぎて、4312Dの能力がスポイルされている気がして、トランジスタのアンプにつなぎ替えました。俄然こちらの方が音もよく伸びて、活気のある音になった気がしました。


 それで真空管アンプの方はCelestionのUL-6でクラシックを聞き、ジャズはトランジスタアンプに4312Dで聞いていたのですが、同級生のsatoshi君のアルコニマグネット4333を聞いてからというもの、当たり前のことですがこの4312Dが物足りなく思うようになりました。


 元々真空管アンプに繋ぐジャズ用スピーカーが欲しいと思っていたこと、いつかオールドJBLを聞きたいと思っていたことなどから、今回のやや発作的なSP-LE8T導入に繋がったのだと思います。


Gettin Around

Gettin Around

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 2006/08/21
  • メディア: CD


 ある日、デクスター・ゴードン「Gettin Around」を聞いていたときのことです。その中のどの曲でしたかsatoshi君の4333で聞いたベースのつま弾き、4312Dではどうしても聞けなかったのが、SP-LE8Tで聞けた気がして嬉しくなりました。


 もちろんフルレンジですから、高音も低音も十分ではないのでしょうが、私の耳がおかしいのかそれともLE8Tの音に耳が慣れてきたのか、今のところあまり不満は感じません。


 それよりもさすがフルレンジ、定位が素晴らしいですね。正面にボーカル、その左にピアノ、ベースはやや右寄りから、ドラムはもっと右寄りからはっきりと聞こえてきます。


 初めに置いていたときはスペースが無くて、SP-LE8Tの左右の間には10センチほどしか空間が無かったのですが、それでもドラムの音がスピーカーの実際にある位置よりずっと右から聞こえたのには驚きました。


 もちろんアルバムによっては、期待した音が出ないことがあります。録音の悪いアルバムはいくらSP-LE8Tでも救えないのです。


 一度、SP-LE8Tをトランジスタアンプ、YAMAHAのA2000aにつなぎ直して同じくJBLの4312Dと聞き比べをしてみました。


 結果は、つまらなかったですね。トランジスタで聞くと、SP-LE8Tは普通のスピーカーとあまり変わらなく思えました。低音が、4312Dほどボン着かなかった気がしましたが、全体的にはよく似た音作りでした。同じメーカーですから当然なのですが。


 と言うか、話の順序が逆で、4312Dは現代のスピーカーですが、音作りこのLE8Tが作られた時代からあまり変わっていない、JBLの音作りの基本は現代でもLE8Tあたりなのではないかと思いました。


 テストはすぐに辞めて、元の真空管に繋ぎ直しました。SP-LE8Tでは現代の曲は似合わないように、やはり古いスピーカーには古いアンプの組み合わせが生きる気がします。


 SPーLE8Tを聞いていて驚いたことは他にもいくつかあるのですが、そのユニット構成からなんとなくピアノトリオとかコンボジャズに合うような気がしていたのですが、意外や聞いてみるとビッグバンドが良いのです。


 私は元々あまりビッグバンドを聴かない方で、エリントンにしても、カウント・ベイシーにしても、彼らのレコードは小編成のものをよく聞いていました。


デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン

  • アーティスト: デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: CD


カンザス・シティ・セヴン

カンザス・シティ・セヴン

  • アーティスト: カウント・ベイシー,Thad Jones
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/08/24
  • メディア: CD



サイド・バイ・サイド

サイド・バイ・サイド

  • アーティスト: デューク・エリントン&ジョニー・ホッジス,ハリー・エディソン,ロイ・エルドリッジ,ローレンス・ブラウン,ベン・ウェブスター,ストレイホーン・ビリー,ジョー・ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1999/05/19
  • メディア: CD



 ビッグバンドだと、音がどうしても固まって聞こえつまらなかったのです。ところがこのフルレンジSP-LE8Tで聞くと、ソロが際立って聞こえます。全体が多彩で広がりがあり、かつ立体的に聞こえて来るのです。


And His Mother Called..

And His Mother Called..

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2017/06/09
  • メディア: CD

 このアルバムをSP-LE8Tで聞いてデューク・エリントンの良さが少しわかったような気がしてきました。モノラルも奥行き感があって良いですが、やはりステレオの方が定位が良いので楽しめます。


プレミアム・ツイン・ベスト クライ・ミー・ア・リヴァー~ベスト・オブ・ジュリー・ロンドン

プレミアム・ツイン・ベスト クライ・ミー・ア・リヴァー~ベスト・オブ・ジュリー・ロンドン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2010/06/30
  • メディア: CD

 それからジュリー・ロンドンがオーケストラをバックに歌っている「クライ・ミー・ア・リバー」なんか最高です。正面でジュリー・ロンドンが歌い、部屋いっぱいにオーケストラの音が広がり押し寄せてきます。


 SP-LE8Tを聞くようになって今まで何を聞いていたのかと思うことがしばしばです。目を洗われる思いがすると言うのはこのことでしょうか。


 


 私は、今まで晩酌を嗜むと言うことがありませんでした。たまには一杯やりながらジャズを聞きたいなと思うこともあるのですが、私の生活習慣がそういう風になっていません。


 私はずっと昔から寝る前に風呂に入るのが常です。そうすると、お酒を飲んで風呂に入るのは良くないので、飲むチャンスが無いのです。


 それを最近、少し早めに風呂に入り、そのあと寝るまでの間にお酒を嗜むようにしました。と言っても毎日ではありませんし、量もほろ酔いの一杯だけなのですが、小一時間、焼酎やウィスキーをちびちびやりながらSP-LE8Tでジャズを聞いています。


 LPやCDをとっかえひっかえして、聴き直しです。スピーカーが違うだけでいろいろな発見があったり、再認識を楽しんでします。


チェット・ベイカー・シングス

チェット・ベイカー・シングス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: CD

 ついこの間は、チェット・ベイカーのあの中性的なボーカルがSP-LE8Tから聞こえてきたときは、本当にゾクッとしました。当たり前ですが、あれは確かに男性の声です。



 今夜のYouTubeで送るジャズは、Cの項目でCount Basie(カウント・ベイシー)です。オーケストラではなく、小編成のカンザス・シティ7です。一番最初に買ったベイシーのレコードだったと思います。



nice!(40) 

若葉の頃 [日々]

DSC_5185.JPG

 咲くのが待ち遠しかった桜も、時は過ぎて今ではすっかり若葉になってしまいました。それどころかもう5月、恒例のゴールデンウィークも明日で終わりです。


DSC_5188.JPG

 こちらが若葉の頃、北海道からは花の便りが聞こえてくるようになりました。我が家の桜、ここだけ北海道と同じ気候だったのでしょうか、花が残っていました。

 5月になって、ツバメやスズメ、カワラヒワなどが忙しく飛び交う姿が目に付くようになってきました。通り沿いの田んぼには水が張られ、このゴールデンウィーク中に田植えが始まり出しました。


2017-05-02 15.05.15.jpg

 我が家の畑も、2日に夏野菜の苗の植え付けを終えました。一月ほど前に土作りは出来ていて、マルチを張って準備は万端でした。畝と畝の間にも、草挽きを楽にするため防草シートを敷き詰めているので、畑が真っ黒に見えます。

 植え付けた内容は、ほぼ例年通り、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、トウガラシ、シシトウ、オクラ、スイカと言った面々です。ただ、スイカだけ評判が良いので今年はいつもの倍植えました。

 苗の購入は毎年、車で30分ほど行った園芸店で買っているのですが、いつもいっしょに苗の購入に行く叔父が今年は近くでも良いというので、近くのホームセンターに行くことにしました。

 叔父は今年92歳になります。90歳の頃自転車で転んで怪我をしたりして毎年、今年は駄目ではないかと心配するのですが、この時期になるといっしょに苗を買いに行こうと言います。

 たださすがに今年は、いつもの店ではなく近いところでも良いと言いました。遠くまで車に乗っているのがしんどいのかと思っていたのですが、そうでは無く、有名園芸店の混雑がいやなのだそうです。 

 確かに、私もここ数年、買い物カートを押して混雑する客の間を行く90過ぎの叔父の姿には、不安を覚えていたので、叔父の言葉に従うことにしました。

 野菜の苗なんて何処でも同じ様な物が売っているだろうと思っていたのですが、いざ買おうとすると店によってけっこう違うものですね。種類、値段の違いに加えて並んでいる苗の葉の色艶とか茎の丈夫さとか。

 叔父は何でもいいのや、と言いながらも、さすがに目が肥えていて矮小な苗には手を出しません。じっくり時間を掛けて選んでました。そして、今年はいつもより少なく植えるのかと思ったら、いつも通り私よりたくさん買ってました。


DSC_5176.JPG

 畑の周りの休耕地には、こんな野の花が一面咲いてましたが、カラスのエンドウやスズメのテッポウなどが伸びてうっとうしくなっていたので、草刈をしました。これから秋まで何度もしなければいけない草刈のはじめです。



 一昨日は同級生と一杯飲み、昨夜は会社仲間と新人の歓迎会、今日はやや二日酔いぎみ、朝から重い気分と身体を動かして、ずっと前から言われている網戸の網張り替え補修をやっと実行しました。

2017-05-06 12.10.08.jpg

 これ一枚だけなのですが、今時木製です。アルミサッシのような溝がないので、あまり網をピンと張ることが出来ませんでした。


 

 YouTubeで送るジャズメン、今日からCに移ってChet Baker(チェット・ベイカー)です。春のちょっと物憂い宵に彼のけだるさがピタリと嵌まります。



nice!(39)  コメント(28) 

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ