So-net無料ブログ作成
検索選択

掛け時計 [その他]

_DSC0004.JPG

 このところ、amazonプライムビデオで「深夜食堂」に嵌まっています。かつて2009年にMBS・TBS系でテレビ放映されていたのだそうですが私は知りませんでした。

 舞台になる店は新宿ゴールデン街あたりの狭い路地裏にあって、小林薫がマスターを演じています。深夜0時から翌朝7時まで営業する食堂「めしや」に出入りする人たちの様々な人間模様を一話完結で描いています。

 見始めは一気に4.5話立て続けに見たのですが、一度に見てしまうのが惜しくなって、その後は毎日一話ずつ見るようにしています。

深夜食堂.png

 連続テレビドラマなので毎回同じ出だしのタイトル映像と主題歌、ナレーションが流れます。懐かしい新宿の夜景、大ガード下を流れる無数のヘッドライト、鈴木常吉のギターと震えるような歌声、小林薫のナレーションが続きます。

 締めくくりに「深夜食堂」の文字が浮かび上がってタイトル映像は終わり、それぞれの回の本題に入っていきます。ここまでだけですでに十分引き込まれます。


 しかし、今日の話は「深夜食堂」ではなく、上の画像に写っている掛け時計の話です。タイトル映像の中の掛け時計はかなり古いタイプです。盤の真ん中に二つゼンマイを巻く穴が開いています。タイトル映像が終わりこれから物語りが始まる知らせのように、ポーンと懐かしい音が響きます。

 子供の頃、我が家にあった掛け時計もこのタイプでゼンマイを巻くのは子供の私の役目でした。台の上に上がり背伸びして扉を開け、蝶のような形をしたゼンマイを巻く道具できりきりと巻くのでした。

 ゼンマイを巻くタイミングは毎日ではなかったと思います。時刻が遅れるか、時を告げるボーンという音が間延びしてきたら、そろそろゼンマイを巻かなければと思ったように記憶しています。

 それがいつから電池式になって、ゼンマイ巻き作業から解放されたのか覚えがありません。たぶん、小学校低学年の頃だったと思います。その頃は(昭和30年代)世の中、炊飯器や洗濯機、冷蔵庫などいろいろなものが電化されていきました。

 調べてみるとこのゼンマイ式掛け時計、今も売られているようですね。なかなかの値段です。ゼンマイを巻き忘れると時計が遅れたり止まってしまったりするので不便ではありますが、昔のものは懐かしくかつ味わいがありますね。

_DSC0033.JPG

 それに比べると、こちらは味も素っ気も無い現代の電池式掛け時計です。私の部屋に掛かっているもので、もう10年近く前にホームセンターかどこかで買った安物です。

 当時、電波時計はすでに出回っていましたがまだ一般の時計に比べると少し高かったので、私は安い普通の時計を購入しました。

 それがいつ頃からか狂うようになりました。ある日気づいたら実際の時間より10分か15分進んでいたのです。それからもう一年くらい経つのではないかと思うのですが、遅れるよりましなのでそのままにしています。

 はじめのうちは進んでいると知っていてもよく間違えましたが、そのうち慣れっこになってこの時計を見るときは、10分か15分を引くようにしています。

 時々、ホームセンターなどで時計売り場を見かけると、買い直さないといけないなぁ、今度は時間が狂わない電波時計がいいなぁと思うのですが、なかなか購入に至りません。

 電波時計も今はかなり安くなっています。というか電波時計では無い時計の方が少ないくらいです。2.3千円も出せばあるのに、なんとなく勿体ない気がします。

 居間の時計ならそういうわけにもいきませんが、私の部屋に掛ける時計だからでしょうか。正確な時間ならパソコンやスマホでも見られると思ってしまいます。

 そんなこんなで多少不便を感じながらも、ずっと狂ったままで使っていました。あるとき、ふと気になっていったいどれだけ狂っているのか測ってみると、10分進んでいました。以前から10分だったのか、もっと進んでいたのかはっきり覚えはありません。

 ただ、狂いだしてもうずいぶんになるのに、狂いの巾はあまり変わっていないように思えます。狂いが進行していないと言うことは、ここのところは正常に動作していると言うことになります。ならば時計の針を10分あとに戻せば、正確な時間になるのではないかと気づきました。

 さっそく掛け時計を壁から外して針を10分戻しました。もしまた狂うようなら今度こそ買い直せば良いと思ったのですが、今のところ時計は何事もなかったかのように時を刻んでいます。

 こんな簡単、当たり前のことに今まで気づかなかったなんてどうかしていますね。狂いが生じただけで、ああ壊れてしまったと思い込んでしまったのかもしれません。しかし、それにしてもどうして10分進んだのでしょう。しばらくするとまた、いつの間にか10分進んでいるかも知れませんね。



 今日のジャズは引き続きアート・ファーマーです。1977年、4月、アート・ファーマーは5年振りに来日しました。その時、私は聞きに行ったのですが、中野サンプラザに行ったと思い込んでいましたが、郵便貯金ホールだったそうです。アルトサックスがジャッキ-・マクリーン、バックはシダー・ウォルトン・トリオでした。

 アート・ファーマーとジャッキー・マクリーンと言えば、名盤「クール・ストラッティン」の双頭コンビです。そんなこともコンサートの宣伝文句に歌われていた気がします。

 もっとも、「クール・ストラッティン」が発売されたのはハードパップ隆盛期の1958年です。それからすでに20年近くが経っています。今更ハードパップと言われても、昔の焼き直し、懐メロのような気がして多少懐疑的な気持ちでコンサートに行った記憶があります。

 でも会場は盛り上がっていました。アート・ファーマーはすっと立ってフリューゲルホーンを直角に構えてスマートに吹いていました。驚いたのがジャッキー・マクリーンでした。小太りのおじさんでしたが、アート・ファーマーとは対照的にかなりエネルギッシュに吹きまくっていました。

 今、このレコードを聴き直してみると会場の盛り上がりとは逆にアート・ファーマーの抒情的で静かな演奏が目立っています。ジャッキー・マクリーンの演奏が一曲目と最後の曲しか無いのは不思議です。シダー・ウォルトンのピアノもいいですね。

 同じツアーで、大阪のサンケイホールでの演奏はもっと白熱したそうです。残念ながらレコードは無いのですが私家録音盤のCDがあるとか。聞いてみたいなと思っています。


nice!(39)  コメント(36) 

おもいでの夏 [自然]

 ここ数日、晴れたり曇ったリですが、朝晩よく冷え込んでやっと秋らしい日々になってきました。身体が軽くなり食べ物がおいしく、何より音楽が心にしみ入る季節の到来です。

 10月10日の体育の日は、前日までの蒸し暑さからさわやかな秋らしい日に切り替わった日でした。朝、庭に薄い朝日が斜めに差していました。外に出ると空気がひんやりして心地よく、思わず伸びをしたくなるほどでした。

 あんまり気持ちがよかったのでカメラを持って裏山に出かけることにしました。キビタキエゾビタキの写真をどなたかのブログで見かけたので、ひょっとしたら出会えるかもと思ったのです。

_DSC0001.JPG

_DSC0005.JPG

 いつもの山の入り口の清流です。このところ雨が多かったので沢の音が大きかったですね。

_DSC0071.JPG

 山の入り口を過ぎ小さな橋を渡りどんどん登っていくと、聞こえて来た野鳥の声はいつものヤマガラでした。私が写真を撮っている間、モクレンの実を突いていました。

 久し振りにファインダーでしっかり鳥を捕まえている実感があったのですが、後で見るとボケていますね。しかもこの日の野鳥の成果はキビタキやエゾビタキどころか、たったこれだけでした。

_DSC0093.JPG

 アケビの実です。ほんわか柔らかそうに見えますが、触ってみると思いの外固い感触でした。

_DSC0106.JPG

 ぽつんと一つだけ落ちたドングリ、まだ少し早いのか仲間がいなくて淋しそうです。道ばたには青い栗の毬がいくつも落ちていました。毬の中は空っぽです。たぶん猿の仕業でしょうね。

_DSC0108.JPG

_DSC0111.JPG

_DSC0112.JPG

 あちこちで名前の知らないキノコを見かけました。入るとき気づかなかったのですが、今は松茸山の時期なんですね。どれだけ松茸が採れるのか知りませんが、入山禁止の看板が山を下りた所に立てかけられていました。

_DSC0140.JPG

 坂道ははじめのうち少ししんどかったですが、すぐに何ともなくなりました。暑くも寒くもない気持ちよさに身体が勝手に動く感じです。

_DSC0147.JPG

_DSC0148.JPG

_DSC0165.JPG

_DSC0130.JPG

 林道の途中で、一人の高齢者と一組のご夫婦とすれ違いました。白髪のご主人が、私のカメラを見て「鳥ですか、いますか」と声かけてきました。私は苦笑しながら「いませんね」と答えるだけでした。

 登っていく私の足取りより、降りてくる人たちの足取りの方が軽く見えるのは、上りと下りの違い、人生の坂道と同じでしょうか。

_DSC0116.JPG

 集落境まで行って、いつもならそこで引き返すのですが、その日は境を示す鎖をまたいで越えて、隣の集落の林道に入っていきました。

_DSC0160.JPG

 私たちの集落の林道は舗装されていますが、隣の集落の林道は未舗装で人の手がほとんど入っていない印象でした。降りていくほどに草や木々が茂って林道のまわりはうっそうとしてきます。

 以前から、この道を降りていくと隣の集落のどのあたりに降りるのか、興味があったので今日は麓まで探検してみることにしました。

 自然に富んでいる林道の所々では湧き水が溢れたり、道が雨水で削られたりしています。もちろん草はボウボウです。林道回りの林の奥からは、鳥の声もよく聞こえ飛び交う姿も見えますが写真に収められるほどではありませんでした。

_DSC0194.JPG

 大きな水音を立てて沢が林道沿いを流れています。水底の砂が見えるくらい綺麗な水です。こういう所にカワセミがいそうな気がしますが、カワセミが生息するには川底が浅すぎますし、肝心の餌になる魚がいません。

_DSC0205.JPG

 頂上まで行ったら引き返すつもりだったのに、隣の集落に入って歩き続けています。初めて歩く道なので、あとどれくらいで麓に着くのか判りません。林道はくねりながら緩やかに下っていきます。木漏れ日が気持ち良くて、汗も疲労感もありません。

_DSC0169-001.JPG

 アケビの実がこちら側ではすでに熟して弾けていました。

_DSC0211.JPG

 草木が生い茂り鬱蒼とした間にかろうじて林道が見えています。突然、緩く曲がった行く手に鹿の姿を発見しました。一瞬、カモシカかと思ったくらい大きくて角を生やしています。

 ニホンシカですね。写真を2.3枚撮りましたが、逃げないので少し不安になった頃、全身を翻しはねるように逃げていきました。後で写真を見ると可愛い顔をしています。さすが野生、奈良にいる鹿とは体毛など雰囲気が少し違いますね。

 鹿に出くわして、急に不安になりました。山道の所々にはイノシシがのたくった跡もありました。気休めにしかなりませんが、道ばたに折れて転がっている木の枝を拾い持って歩きました。

_DSC0200.JPG

 深い山道の下から一頭の蝶がひらひらと上がってきました。羽根の模様を見るとアサギマダラのようです。全くいないことはありませんが、そう頻繁には見かけない蝶です。

 しかしあたりには彼女が止まる花がありません。何度も木の葉に近づいて止まりそうになりながらまたひらひらと舞い上がって林道を私とは反対に上がっていきます。

 追っかけて何度かシャッターを切りましたが、結局カメラに収めることは出来ませんでした。逃げるに従って追いかけて行くとまた山を登ることになるので途中で追うのをやめました。

 それからしばらく歩いて、林道は突然ぷつんと途切れて、その先には異空間のような明るい住宅街が広がっていました。なんと林道の終点は△△台と呼ばれている新興住宅地でした。

 _DSC0223-002.JPG

  住宅地の一軒のお宅の庭先にあったホトトギスです。

_DSC0238.JPG

 山を切り開いた住宅街を抜けて麓に降りると昔からの古い集落に出ます。そこは中学生の時、自転車で毎日通っていた道です。

 ついでに子供の頃遊びに来た同級生の家や通り沿いの懐かしい家家の軒先を確かめながら、自宅まで歩いて帰りました。家にたどりついたら、もうお昼を過ぎていました。およそ4時間ほどの小さな山歩きでした。


 今日のジャズはアート・ファーマーです。1970年代半ばに来日されたとき、聞きに行っているのですがその話はまた別の機会にして今日は「おもいでの夏」です。ミッシェル・ルグランの作曲で同名映画のテーマ曲です。アート・ファーマーのフリューゲル・ホーン抒情的です。皆さんには、どんな夏の思い出があるのでしょうか。 


>


nice!(39)  コメント(24) 

うんどうかい [日々]

_DSC0018.JPG

 10月1日の土曜日は孫の運動会の日でした。ところが前日からの雨が朝まで残り、グランドに水が溜まって一日延期となりました。

 2日の日曜日は無事晴れて幼稚園の運動会催されたのですが、私は地域の用事があって朝から行けませんでした。でも思いの外早く終わって、開会式終わリの頃に駆けつけることが出来ました。

_DSC0038.JPG

 開会式が終わって走って退場する子供たち。孫はピンク色の帽子と聞いていたので慌てて連写、でもこの中に孫は写っていませんでした。

_DSC0081.JPG

 開会式のすぐあとにメインのかけっこがあったので間に合って良かったです。スタートが見える方向に移動して望遠カメラを構えました。

 もちろん私の回りは、カメラやビデオカメラの放列です。両手にビデオカメラと一眼を持った人、いったいどうして撮るのでしょう。三脚を立てて本格的に撮っている人もいたり、スマホをかざすだけの人もあって様々でした。

_DSC0075-001.JPG

 一人一人名前を呼ばれてスタートするので、知り合いのお孫さんやご近所の子供たちもついでに撮る事が出来ました。孫もそうでしたが子どもたち走る前はやや緊張して表情が固いのですが、走り出すとどの子も笑顔が見られて面白かったですね。やはり走るというのは子供たちにとって楽しいことなんでしょうね。


_DSC0192.JPG

 鼓笛隊は大きい組さんでしょうか。

_DSC0223.JPG

 小さい組さんの遊戯です。皆蜂の格好をしています。後ろ姿ですが水色の衣装を着て、真ん中でジャンプしているのが我が孫です。皆よく似た背格好、制服や衣装も同じなので見つけるのが大変です。孫は娘の面影があるのでわりと見つけやすかったのですが、それでも時々よその子を追っかけている事がありましたね。


_DSC0421.JPG

DSC_4626.JPG

 大きい組さんの組み体操、さすがにちゃんと統制が取れていました。小さい組さんではかけっこでも走らない子がいたり、反対に整列する場面で走り回る子がいたりで、先生方も大変そうでした。

 見ているとだいたい先生の手を焼いているのは男の子が圧倒的に多かったですね。昔もいた先生べったりの子、落ち着きなく動き回る子、じっとして動かない子、泣いている子。

 晴れたのは良かったのですがこの日は10月とは思えない蒸し暑い日でした。幼稚園はよくこんな所に建てたと思えるような谷間にあって風が通りません。そこへ持ってきて、狭い敷地に大勢の人たちです。カメラを構えているとくらくらしてきて、熱中症になるのではと思いました。

 息子や娘も同じ幼稚園に通っていました。それから25年ほどが経っています。その時は、こんなに大勢の観客だったかなぁと思います。我が家はじいさんばあさんがいませんでしたし、妻の両親も来ませんでしたので祖父母参加の記憶があまりありません。

 今はじいさんばあさん当たり前、両親双方のジイジとバアバが来るので孫一人に大人6人なんてことになって、グランドも駐車場も溢れかえっています。

 運動会は午前中で終わりやれやれです。家に帰って少し休んでから、皆でファミレスへ昼ご飯を食べに行きました。孫は子供なりにプレッシャーを感じていたのでしょうね。レストランではよく喋りよく食べましたね。そして帰りの車の中、静かになったと思ったらいつの間にか寝てしまっていました。


_DSC0010-001.JPG


nice!(32)