So-net無料ブログ作成

まだ来ない秋 [草花]

 昔、「今はもう秋」という歌がありました。トワ・エ・モワでしたか本田路津子でしたか、あ、本田路津子は「秋でもないのに」でしたね。題名とは反対、正真正銘の秋の歌でした。

 調べてみたらトワ・エ・モワの歌の題名は「誰もいない海」だそうです。歌い出しの歌詞が「今はもう秋、誰もいない海」でした。歌のタイトルと言い、歌手と言い記憶がかなり混乱しています。どちらも1970年の曲、もう45年も前の歌なんですね。

 ここまで書いてこの出だし、以前にも書いたような気がして思わず過去記事を検索してしまいました。時々書いていると、そういうことがあります。デジャブとはまた違うのでしょうが。

 なにせブログ歴が長いので、書きながら、これ以前も書いたとか、去年も同じ題材を扱ったと思うのですが、それでもそのまま書いてしまうことたびたびあります。そうと気づかないでおんなじことばかり書いていると認知症を疑われそうで怖いですね。

 今回に限らず、これからも記事内容の重複がたびたびあると思いますが、これも歳のせいとお許しください。


_DSC0330-002.JPG

 もう9月末ですが、なかなかさわやかな秋晴れの日が来ません。梅雨を思わせるどんよりした空が続いたかと思ったら、30度近い蒸し暑い日があったりします。今夏にはほとんどなかった雷雨や大雨が今頃あって、8月の少雨とは全く逆の日照時間の少ない9月のお天気でした。

_DSC0329.JPG

 それでも季節はそれなりに進んでいるらしくて、彼岸花は例年通り彼岸の入りに合わせるように咲き出して、今はあぜ道のあちこちに赤い列を作っています。モズのけたたましい鳴き声も先週あたりから聞こえるようになって来ました。

_DSC0330-001.JPG 

 別名「曼珠沙華」とも言われる彼岸花ですが、子供の頃はこの花を摘んで遊んだり家に持ち帰ろうとすると母に叱られました。縁起が悪いとか家に持ち込むと火事になるとか。

 忌み嫌われる原因は、地下茎に毒があるからなのでしょうが、それ以外にもその花の形や色が他の花に比べ異様に見えるからでしょうね。誰もが知っている花でありながら、妖しい魅力を放っているせいか小説や歌や映画のタイトルに使われたりもしているようです。

 この夏読んだ宮部みゆきの連作短編集「おそろし」の中にもそのものズバリ「曼珠沙華」と言う章タイトルがありました。小説の中では、赦免花、死人花という異名がある事も語られていましたね。

 庭の片隅に咲くこの花の間から死人の顔が見えると言うお話でした。他にどんな小説があるのか調べてみましたが、山口百恵が歌う「曼珠沙華」、小津安二郎監督の「彼岸花」しか見つけられませんでした。

 桜とはずいぶん趣が違いますが、これも日本の季節を伝える花としては代表的な存在だと思います。ただ、桜などと違うところは、この花、都会の公園や川縁などで咲くより、田舎の畦道がいちばんふさわしいと思えることでしょうか。


 久し振りのジャズはアート・ペッパーを終わって次はアート・ファーマーに行くつもりだったのですが、その前に一枚、ボーカルを挟んで見ようかと思います。ボーカルもA行でアニタ・オディです。

 「ANITA SINGS THE MOST」一番最初に買ったアニタ・オディのアルバムです。1956年録音、アニタ・オディ30代、油が乗りきった頃の歌声です。ピアノはオスカー・ピーターソンです。「星影のステラ」しっとり歌ってますね。早くこの歌が似合う星の瞬きが美しい秋になってほしいものです。


nice!(34)  コメント(24) 

山中慎介チャンピオン、V11 [その他]

2016-09-017.jpg

 9月16日、WBCバンタム級世界チャンピオン山中慎介選手の応援にエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)へ行ってきました。地元からバスが7台出ていて、私たち同級生もそのうちの1台に乗り込みました。

 今回同級生応援団はこの前の京都の時より少なくて、総勢10名あまりでした。同級生と言っても、断るまでもないことですが、慎介選手の父親と叔父の中学校の同級生です。慎介選手の父親と叔父は双子です。

 ちょうど去年の今頃、私は慎介選手の応援をかねて数十年振りに上京したのでした。早いものであれからもう一年が経ったのですね。

 このときの対戦相手が今回の対戦相手でもあるアンセルモ・モレノ選手でした。さすが東京でのタイトルマッチ、リングサイドには具志堅用高や村田選手を始めスポーツ選手、芸能人など有名人がたくさんいました。

 この試合で慎介選手、初めてと言っていいくらいの大苦戦でした。点数でも途中で逆転されていて、終盤は会場全体が慎介コールで沸き返るほどでした。何とか判定勝利をもぎ取りましたが、私は負けか良くても引き分けを覚悟したほどでした。

 このときの、もやもやした思いはどちらにもあって、慎介選手は今度こそきっちり決着させたいと思ってトレーニングを積んで来たでしょうし、モレノ選手も同じ思いで日本にやってきたと思います。

2016-09-024.jpg

 バスを降り会場近くの飲食店で少し腹ごしらえをして、会場入りしたのは六時半頃でした。長谷川穂積選手の試合が始まる前で会場はまだ空席が目立ちます。

2016-09-025.jpg

 こちらは自分の席から見下ろしたところです。指定された席はGゾーンのg54とかだったと思います。わかりにくい席の表示でした。元々が体育館だから仕方ないのかも知れません。冷房も効いて無くてむっとしていました。

 私たちの席の周りは地元応援団で埋められています。テレビカメラなどが向かって左にあり、試合前後のセレモニーなどはカメラのある方向を向いて行われていました。

_DSC0315-003.JPG

 この日は、先に長谷川穂積選手とウーゴ・ルイス選手のスーパー・バンタム級のタイトルマッチが組まれていました。長谷川選手は負けたら引退覚悟のリングでした。

_DSC0317-002.JPG

 長谷川選手は防衛10回した元チャンピオンですがタイトルを逃してからはあまりぱっとしなくて、一昨年の大阪城ホールでも慎介選手の前に試合があったのですが、その時は気の毒なくらいぼろ負けでした。

 今回はこの前の試合より動きは良さそうでした。一度ロープに追い詰められる危ない場面があったのですが、そこを乗り越えると、今度は相手が戦意を喪失してしまってTKO勝ち、見事35歳で3階級制覇の偉業です。

_DSC0364-001.JPG

 勝利の挨拶をする長谷川選手、この後、息子さんに抱き上げられるというシーンがありました。


_DSC0381-001.JPG 

 長谷川選手のタイトル奪取で沸き上がる会場に、いよいよ慎介選手の登場です。勝者長谷川選手からエールを送られて気合い十分の表情です。

_DSC0382-001.JPG

 開始のゴングとともに、前回の東京での試合に比べて互いの距離が近く、始めから打ち合いでした。2戦目と言うことでお互い探り合う必要がなかったということでしょうか。

 慎介選手がいきなり三発ほど連続してパンチを食らう場面があり、これはやばいのかなと思いましたが、ラウンドの終盤、今度は慎介選手の左が炸裂してダウンを奪う場面がありました。このラウンド、この試合を象徴するかのように慎介選手の逆転です。

_DSC0384-002.JPG

 その後、試合は一進一退、どちらも打ち合い、今度こそ決着を付けるという意気込み溢れるナイスファィトの展開です。

_DSC0420-001.JPG

 慎介選手の右が相手を捉えているように見えます。300ミリの望遠レンズで撮ったのですが、何とか被写体の動きがぶれないようにと、シャッタースピードを上げたりIOSあげたりしたら、暗くかつ粗い画像になってしまいました。

_DSC0443-001.JPG

 これは慎介選手が必殺の左を相手のボディに打ち込んでいるように見えます。

_DSC0479-001.JPG

 これも左を打ち下ろしていますが、相手の後頭部だからいけませんね。それともモレノ選手がディフェンスしているところでしょうか。

_DSC0480-001.JPG

 モレノ選手がクリンチで逃れているところです。誰かの試合と違って、クリンチの場面それほど多く無かったのですが、時々ありました。これもテクニックのひとつ、ある程度は仕方ないですかね。

 4回でしたか、慎介選手がモレノ選手の右パンチを食らってダウンする場面がありひやりとしました。そう言えば、前回の京都での試合でも、3ラウンドでしたか二度もダウンするシーンがあって大いに心配したものでした。

 どちらもダウンを一度ずつ奪い合って5ラウンド、中間発表の点数はわずかに慎介選手の方が優位でしたが、試合の流れはモレノ選手に傾きつつありました。

 それを一発逆転したのが6ラウンド、やはり左の必殺パンチでした。まともに食らったモレノ選手はリングの中央からコーナーまで吹っ飛びましたね。

 このとき、会場にいた私は一体になって興奮していたので判らなかったのですが、あとからYouTubeで試合の実況中継を見てみると、うぉーっと沸き上がる歓声の凄さに驚きました。

_DSC0487-001.JPG

 打ち合い、お互いにダウンを奪い合う面白い展開になってきました。はじめのうちは試合に夢中でラウンドガールを撮るのを忘れていましたが、これはいつ決着着くか判らないと思い、5ラウンド頃から慌てて撮りました。コマーシャル会社の専属なのか、ここ数試合、ずっとこのモデルさんですね。

 さて、運命の7ラウンドでした。会場は前ラウンドで奪ったダウンで圧倒的に優位に立った慎介選手の、今度は決定的なノックアウトシーンの予感で盛り上がりきっています。

_DSC0498-002.JPG

 モレノ選手、いくらダウンを喫しても立ち上がってくるのはさすがです。モレノ選手は42戦 36勝 (12KO) 5敗 1分と言う戦歴の中で一度もノックアウト負けを喫したことがありません。写真はラスト、モレノ選手をコーナーに追い詰めていく慎介選手。レフェリーが邪魔ですね。

 この後、モレノ選手はコーナーに追い詰められ、フィニッシュの左を食らってコーナーに落ちるように沈みます。

 _DSC0502-001.JPG

 沸き上がる歓声、コーナーポストに飛び上がってコブシを突き上げる山中慎介チャンピオン、その後、セコンドに肩車されてリング内を回るとき、このときだけ彼は我々地元応援団の方を向いて何度も雄叫びを上げコブシを突き出していました。

 ここ2試合、やや不本意な判定勝ちが続いたので今回のノックアウト勝ちは本人はもちろん私たちも本当にすきっとしましたね。ましてや相手は前回苦戦したWBC1位、WBA12回防衛の元チャンピオンですからね。この勝利は文句なしという所でしょうか。

 ネットでも今回の勝利は今まで以上によく取り上げられています。長谷川選手と山中選手のこの日の試合のどちらかが今年の年間ベストに選ばれるのではないかとも。

 また、この試合の勝者にはアメリカのボクシング雑誌「リング」からバンタム級の最高選手の証明であるベルトが授与されると言うことで、慎介選手が同時に二つのベルトを獲得しました。こういう栄誉は同じチャンピオンでも箔が付きますね。

2016-09-025.jpg

 勝利の瞬間、観客がいっせいに立ち上がってコブシを突き上げている写真と思ったのですが、よく見ると皆さん、カメラやスマホを持ち上げて勝利者表彰のセレモニーを写しているのでした。私もなぜか一眼レフではなくスマホで撮っています。

 この後は、お決まりの同級生軍団による祝勝会、大阪の夜の街に繰り出していきました。途中合流した慎介選手の父親に「本当におまえの子供か」と思わず言ってしまいました。ちなみに彼は中学校の頃、やんちゃなサッカー小僧でしたね。 



nice!(31)  コメント(16) 

久し振りに・・・ [自然]

 ようやく熱帯夜の残暑も過ぎましたが、毎日どんよりした曇り空が続いて、なかなかすっきり秋晴れとは行きません。日本列島の上には秋雨前線が停滞しているとか、西の方にはまた台風16号も発生して当分このうっとうしい空は続きそうです。 

 そんな中、先日の休み、なんとなく待ちきれない思いもあって久し振りにカメラを持って裏山に行ってきました。雨の少ない暑い夏がようやく収まったので、少しでも早く気分を入れ替えたかったのだと思います。

 あまりに急いたせいでカメラを持ったのは良いのですが、バッテリーをチェックするのを忘れていました。案の定、裏山にについてカメラを取り出したら、バッテリー三分の一しか残っていませんでした。


_DSC0294-001.JPG

 山もまだ秋には少し早いようで花も実も少なめでした。坂道の途中のあちこちでほとんど盛りを過ぎた山萩が迎えてくれました。上に登るにつれ、心なし花の色が鮮やかだったような気がします。

_DSC0299-001.JPG

 沢の上で、モミジが一部、慌ただしく紅葉していました。

_DSC0318-001.JPG

 山道沿いのススキもまだ若い色をしています。

 ひさしぶりのせいか、はじめのうちうまくリズムが取れなくて、勢いよく上がりすぎてしまいました。蒸し暑さも手伝ってどっと汗が噴き出ます。

 山道を反対側から年配の少し太った男性がはげ頭をタオルでふきふき下ってきました。あまりの暑さにお互い「蒸し暑いですね」と声かけ合います。

 彼は手にゴルフクラブを持っていました。この辺を歩いている男性はよく古いゴルフクラブを片手にしています。護身用のつもりなんでしょうか。

 私は今まで、シカと野ウサギとリスしか遭遇したことがありません。それも人の姿を見ると一目散に逃げ出していきました。

_DSC0330-001.JPG

 そんなことを思っていたら、足下で素早く動くものがあり、さっと身構えて後じさり、スルスルと反対方向へ逃げていったのは蛇と思ったのですが、トカゲでした。

_DSC0348-001.JPG

_DSC0354-001.JPG

 名も知らず、花や実のあるものを思うままに撮っていきます。これはクサギ?

_DSC0343-001.JPG

 空はどんより曇ったまま、蒸し暑いですが雨の降る気配はありません。眼下の田んぼではもう稲刈りが始まっています。薄く黄緑色をしているのはこれから刈り取りを迎えるたんぼです。

_DSC0387-001.JPG

_DSC0389-001.JPG

_DSC0391-001.JPG

_DSC0393-001.JPG

 写真を撮りながら登っていくうち、少しずつリズムを取り戻してきました。

_DSC0362-001.JPG

 集落境の峠の一角にベニバナボロギクなどが咲いた草むらがあって、そこにどういうわけかたくさんの蝶がいました。二匹、三匹絡みあったりしながらひらひらと舞っています。ちょっとした蝶の楽園のようでした。

_DSC0384-001.JPG

 イタドリの木にぶら下がっているのは蝶ではなく蛾のようです。

_DSC0395-001.JPG

 いくら歩いても鳥の影も形もありません。時々鳴き声が聞こえるのは、シジュウカラかヤマガラ、耳を澄ますとコゲラが木を突っつく音もかすかに聞こえてきます。

 いつもはうるさいヒヨドリの声もたまに聞こえるだけでした。7月の終わりの頃まで囀っていたウグイスも夏の間にすっかり地鳴きに戻っています。あんまり鳥を見かけないので、林道を外れて山の中に入って見ました。

_DSC0337-001.JPG

 岩が多いですね。以前ここでカケスを見かけたことがあるのですがさすがに今日はいませんでした。カケスはいつもジャーというあまり綺麗でない鳴き声を発するので存在は判るのですが、姿を見かけたのはその時きりです。

_DSC0397-001.JPG

 やっと見つけた鳥影は文字通りシルエット、鳴き声からシジュウカラだと思います。

_DSC0400-001.JPG

 桜の木を覆うウラジロの群生

_DSC0404-001.JPG

 まだ若いサルトリイバラの実

_DSC0409-001.JPG

 こちらはソヨゴ?

_DSC0420-001.JPG

_DSC0433-001.JPG

 自生の栗と思って撮ったら、ドングリでした。

_DSC0440-001.JPG

 何の豆果なんでしょうか。

 山はまだ夏から秋の端境期と言ったところでした。約2時間あまり、久し振りに思いつくままに写真を撮って歩きました。何とかカメラの電池も持ちました。

 裏山はいつも来ているので、どうしても同じような写真ばかりになって、ちょっとマンネリ気味です。それでしばらく間を開けていたら、ずいぶん久し振りになってしまいました。今年はもちろん初めて、去年から数えてもいつからか思い出せません。

 これだけ間隔が開くと、同じ裏山でも新鮮に感じられます。いろいろな事を思ったり考えたりしながら一人山道を歩いていると暑い夏から癒やされていくようでした。

_DSC0441-001.JPG


 今日16日は、午後から山中慎介選手の11度目の防衛戦、また同級生仲間といっしょに大阪府立体育館まで応援に行きます。

 今回の対戦相手は、去年の今頃、東京で大苦戦した同級一位のアンセルモ・モレノ選手です。どちらも今度こそ決着を付けようと張り切っているようです。

 我々としては是非11度目の防衛を達成して欲しいですが、きわどい勝負が予想されています。次のブログ更新で良い結果が報告できることを祈りたいと思います。

 TV放送は日本テレビ系「ワールドプレミアムボクシング24The REAL」で放送されるそうです。午後7時56分からです。是非応援してください。


nice!(42)  コメント(20) 

落とし穴 [パソコン]

 ブーメラン台風10号と13号台風が続いて、その前後は耐えがたい蒸し暑さの毎日でした。私にはかっと暑い真夏より、秋口に訪れたこの蒸し暑さの方が堪えるように思われました。

 その蒸し暑さも、昨日、今期始めてと言っていいくらいの激しい雷雨がありました。(近くでは何発か落雷があり停電もしたそうです)その後空気が入れ替わったのかやっと涼しくなりました。昨夜は久し振りに熱帯夜を下回り、今日は最高気温30度を割っています。

 台風騒ぎでもたもたしている間に9月も上旬を過ぎ、日もずいぶん短くなってきました。日中はともかくこれから朝晩は涼しくなって行くのではないでしょうか。そして、そろそろどこかからヒガンバナ開花の情報が聞こえてきそうです。

DSC_4256.JPG

 さて、格安SIMとSONYの逆輸入スマホE5823の続きです。格安SIMに替えて3ヶ月あまり、E5823に変えて2ヶ月、コストを下げ機種も新しくなって喜んでいたのですが、思わぬ落とし穴がありました。

 8月はじめの頃から、自宅にいるとき電話が受信出来ないと言うことが何件かありました。はじめは電池を持たせるためにモバイルデーターを切ったり機内モードにしたりしているせいと思っていたのですが、ある日、ちゃんと待ち受けているのに受信出来ていないことが判明しました。

 普段、家の中ではWi-Fiを使っているので、電波が届いていないことに気づけませんでした。また機種変するまで使っていたDOCOMO旧機種では、格安SIMを使っていてもそんなことはありませんでした。

 ショックで焦りました。格安SIMを辞めたり、スマホを買い直したりしないといけないかと思いました。いくら電話付き小型コンピューターとは言え、電話が繋がらないと意味がありません。

 電波強度を調べられるSignal Refreshというアプリを入れていろいろ試しました。一番に疑った格安SIMですが、妻のガラケーに比べてアンテナが立っている本数が少ないとは言え、DOCOMO旧端末でもきちんと受信していることが判りました。

 次にE5823です。調べると海外のスマホと日本のスマホでは電波の帯域が違うことが判りました。とくにDOCOMOでは山間部のつながり難さを補うためプラスエリアという帯域をもうけているそうで、これが海外製のスマホにはないそうです。

 今更スマホを買い換えることも出来ず、最悪はDOCOMO旧機種の古いxperiaに戻ることも考えました。そして他にも原因はないかといろいろ試して見ました。そのひとつ、ひょっとしてと思って、お気に入りのアルミバンバーを外してみたら、なんとSignal Refreshの電波強度を示す値が少し改善されました。

DSC_4274.JPG

 このアルミバンパーはiphone用もあって、電波干渉も技術で最小限に抑えられているそうです。ただ私の場合、格安SIM、逆輸入スマホ、そして我が家がやや山よりの地域にあるという悪条件が重なって、わずかの電波干渉でも電波が途切れてしまうということになったのだと思います。

 そんなわけでせっかく気に入っていたアルミバンパーでしたが、近くの電気量販店で透明プラスチックフルカバーのものを購入して交換しました。

 ただアルミバンパーをなんとか使いたいし、山間部でのつながりにくさも解消したかったので、E5823をプラスエリア化してくれる代行作業者を見つけて預けました。手間賃として数千円かかりましたが、帰ってきたE5823は確かにSignal Refreshの値が上昇していて、DOCOMO旧機種と変わりない数値を示すようになりました。

 ただ、アルミバンバーを嵌めると、やはり数値は悪化しました。もう繋がらない状況にはならないと思いますが、やはり電波状態が悪いのは何かと困ります。かっこうより繋がり安さを優先して、アルミバンパーは諦めることにしました。


 たかがスマホ如きでたくさんの時間を労したり、経費を費やしたりしてしまいましたが、それでも大手キャリア時からすれば、まだまだ余裕があります。労力の方もこれはもう好きでやっているとしか言いようがありません。

 とは言え、スマホ遊びもこの辺で一区切りつけて、そろそろ次の季節に備えたくなって来ました。読書、音楽、カメラ、運動、食欲、何をしても楽しい季節がもうすぐそこです。

DSC_4298-001.JPG


nice!(30)