So-net無料ブログ作成

去年の夏のこと [オーディオ]

 同級生の話が続きます。ちょうど一年ほど前の今頃のことです。例によって、同窓会を開く名目の元、その準備と称して実行委員で集まっていました。しかし、日取りにはまだ十分間があったので、打ち合わせはほんの少し、おおかたはカラオケをしたり、夜遅くまで営業しているファミレスでお喋りしたりしていました。

 テーブルを横に長く繋いだ私たちの席では、銘々がいろいろなことを喋り合っていてとりとめがありません。何のきっかけだったか私がジャズの話をしたら、それまで別のグループで喋っていたsatoshi君が急に反応してきました。

 彼は私がジャズを聴いているのを知らなかったらしく、身を乗り出してきます。もちろん、私もその実行委員の中にジャズに強い関心を持っている仲間がいるとは思ってもいませんでした。

 第一、私と彼は中学時代一度もクラスがいっしょになったことがなく、この実行委員になるまではほとんど交流がなかったのです。

 彼はマイルス・デイヴィス~キャノンボール・アダレイの「オータム・リーブス」はいいなぁ、と何度も言います。私も負けじとクリフォード・ブラウンやアート・ペッパーの話をします。それから話は、当然のごとくオーディオに移っていきました。

 ここでも驚かされました。聞いてみると彼の所有しているシステムは半端ではありません。まさかそんな凄いシステムを持っている人が同級生にいたとは、ジャズ仲間が見つかった以上の驚きでした。

 元々オーディオというのは孤独な趣味と私は思っていました。20才代こそ、私の仲間はほとんどが部屋にオーディオ装置を備えていましたが、それ以後、大人になってからは、オーディオ趣味の人に会ったことがありません。(ブログをするようになって、多くのオーディオファンの存在を知るようになりました)

 とくに田舎ではそんな人はいないと思っていたら、以前自転車店でJBL4343を見かけ、ああ身近にもいるんだなぁと認識を新たにしたことがあるのですが、それもそれっきりでした。

 意気投合して、それからすぐ彼は私を招待してくれました。白い壁でがっちり囲まれた彼のオーディオルームは母屋から独立していました。取り立てて防音されているわけではありませんが、ある程度の音量はゆるされそうな環境です。
 入り口から入り組んだ狭い通路は棚に囲まれその棚には、レコードやCD、DVDなどがぎっしり詰まっていました。

2015-07-20 20.53.55.jpg

 暗かったうえスマホのカメラで撮ったので、ボケています。

 通された部屋は私の部屋より少し広く感じられました。とくに前後の奥行きはかなりありましたね。

 正面に42インチのTVモニター、YAMAHAやパイオニアのAVアンプ、プロジェクター用のスクリーンを吊すポールも立っています。そしてTVモニターを挟んだ左右には大型スピーカーが鎮座しています。彼自慢の逸品、JBL4333、アルニコマグネットだそうです。その上に乗っているのはビクターのSX-500でしょうか。

 いつもは彼が座る特等席に座らせてもらいました。思いっきりボリュームを上げて、彼は「オータム・リーブス」をかけてくれました。 

 キャノンボール・アダレイのアルトが炸裂し、マイルスのミュートのきいたトランペットが突き刺さります。その瞬間、私の部屋のオーディオ装置が全て吹っ飛んでしまったような衝撃を受けました。

2015-07-20 20.55.59.jpg

 彼のオーディオシステムです。上からCDプレーヤーDENONのDCDー2500NE SACDプレーヤーです。二段目がアキフェーズのプリアンプ、C-200V、三段目が同じくアキフェーズのパワーアンプP-300Vとものすごい構成です。これだけでたぶん軽く100万を超えていそうです。

2015-07-20 21.05.54.jpg C-200V 

2015-07-20 21.06.03.jpg P-300V

2015-07-20 20.56.39.jpg

 JBLスタジオモニター4333のサランネットを外して、ブルーバッフルと38センチのウーファーを見せてくれるsatoshi君。

 オーディオのアイテム数では私の方が彼より多いですが、一品一品の格は比べようもありません。我がシステム、束になってかかっても彼のシステムの半分にも及ばない感じです。私のはどうしてもG級オーディオ(中古がらくたオーディオ)の域を出ません。

 当然ですが、彼の所から帰ってきて、我がシステムを鳴らしてみると、その差に愕然とします。物足りない事この上もありません。ある程度音量を上げてもあの強烈な低音、伸びやかなベースの音、鋭く立ち上がる高域は出てくるはずもありません。

 かと言って、対抗出来るような新しいシステムを買う余裕もありません。あれから一年、新たな苦悩(?)の始まりです。我がJBL4312のセッティングを練り直したり、アンプで低音をブーストして見たり、試行錯誤が続いています。


nice!(35)  コメント(24) 

別荘で [旅]

 近畿地方、梅雨明けして3.4日経ったでしょうか。確かにその後雨は降っていません。日差しは夏らしく強いのですが、なんとなく空気がからっとしていつもの梅雨明けと少し違って感じます。昨夜は満月でしたが月は秋のように煌々と白く、肌に当たる夜風は気持ち良かったですね。

 夏場は草刈とか地域の奉仕作業などが多くて、休みの時間を取られてしまいがちです。ブログ更新が出来なかったり、皆様のブログへの訪問が滞りがちになっています。元気に過ごしているのですが、住まいも仕事も何もかも毎年同じ環境なのに、出来ないことが少しずつ増えてきているのは、やはり歳のせいでしょうか。


2016-06-08 08.33.23.jpg

2016-06-08 08.33.07.jpg

2016-06-08 08.32.38.jpg

 などと言いながら、6月と7月はこちらの別荘暮らしでした。(写真は、6月と7月の写真が混在しています。カメラも、一眼だったりミラーレスだったりスマホだったりしています)別荘暮らし、正確に言うと、6月に一泊、7月に一泊、別荘生活と言うよりはどちらかというと合宿のような泊まりでした。

2016-06-07 16.53.55.jpg

 オーナーさんの管理が行き届いていて、清潔感溢れる一階のフロア

2016-06-07 16.54.58.jpg

 二階の階段から玄関を見下ろしたところ

2016-06-07 16.54.23.jpg

2016-06-07 16.54.33.jpg

 二階の寝室

_DSC0048-001.JPG

 お隣のアジサイ


 昨年、暮れに同窓会を開いた実行委員、その後も何かと理由を付けて集まっているのですが、その実行委員の中の一人が親戚の別荘を借りられると言うので、この夏はそこに集まろうと話が一気にまとまりました。

 最初は6月のはじめの頃でした。7月の本番に備えて下見をしておこうと言うことで、数人だけで行く予定でしたが、話はどんどん大きくなって8人の参加となりました。

 別荘のあるところは高島市今津町、自衛隊の今津駐屯地やマキノのスキー場のある近くです。大きな通りからいきなり狭い急な坂道に入って、やがて通りの両側にいくつも別荘が見えてきます。

 狭い急な坂道の入り口には、「熊注意」の看板があり、雪の多い地域、冬はこの坂どうするのだろうと思うような所です。高台にあるので少し歩くと、遠く琵琶湖を眺めることが出来ます。

2016-06-07 16.52.37.jpg

 泊まりの食料を持ち寄り運び込む女性陣、彼女たちの協力がないと今回の企画は成り立ちませんでした。

2016-07-016.jpg

 先週が本番でした。集まったのは都合の悪い数人を除いて前回の約倍の15人。広い芝生のお庭でバーベキューです。花火をしようというものもいましたが、さすがにご近所の迷惑を考えて却下となりました。それにしても花火、65歳の発想ですかね。

 梅雨明け直前でしたが、雨もなくさほど蒸し暑さも感じない日でした。皆でわいわい言いながら、お酒を飲んだり久し振りに柔らかいおいしい肉をいただいたり、楽しい宵でした。

 暗くなってからは、ウッドデッキと室内に別れて、お喋りとカラオケです。皆、本当に高齢者仲間入りあるいはその予備軍かと思うほど元気でした。中には早々と寝るものもいましたが、修学旅行生みたいに夜中の2時3時まで喋っているものもいました。 

2016-07-16 10.39.15.jpg

2016-07-16 10.39.22.jpg

2016-07-017.jpg

 明くる日、別荘の片付けを皆で済ませて、後は高島市を車で観光することにしました。有名はメタセコイアの並木道です。2.4キロの間に500本のメタセコイヤが植わっているそうです。やはり黄金色に輝く秋に来て見たいですね。この日は土曜と言うこともあって、並木道をカメラに収めている人がたくさんいました。

 近くにピックランドという施設があり、そこで買い物を楽しんだり休憩をしたり、でもさすがに同級生の皆さんお疲れモードでしたね。

 湖岸道路沿いは延々とキャンプ場が連なり、土曜と言うこともあってたくさんのテントが立ち並んでいました。

2016-07-16 13.11.57.jpg

2016-07-16 13.33.34.jpg

 帰り道、私は京都に行く用事があったので、湖西線蓬莱駅で降ろしてもらいました。湖西線、滅多に乗らないのですが、琵琶湖が眺められて見晴らしの良い路線です。


nice!(47)  コメント(24) 

トマトの味 [畑]

 昨夜から今日にかけて雨が降り続きました。7月に入って真夏並の暑い日が続いて、もう梅雨明けではないかと思っていたのですが、まだ梅雨明けていなかったようです。この雨のおかげで今日は久し振りに涼しい一日を過ごすことが出来ました。

 3週間程前から、軽い腰痛に見舞われています。起きたとき腰に軽い違和感があったのですが、そのまま予定通り営農の草刈に行ったのが良くなかったのかも知れません。

 腰痛と言っても私の場合、じっとしていても痛む重症ではなく、ただ常に腰が張っているような感覚、単に筋肉の疲労による炎症、あるいは俗に言う筋を違えた程度なので、湿布薬でしのいだりしていました。

 いつもならそれで一週間か10日ほどで治るのですが、今回は少し長引いています。これ以上悪化すると怖いので、どうしても腰に負担がかかる作業をしないといけないときとか仕事に行くときは、医療用のサポータをして出かけたりしています。

 今週あたりから、明らかに症状が軽くなってきたように思われるのですが、姿勢によってはぴりっと痛みが走ることがあって、なかなかすっきりしません。腰痛に限らず、どこか具合が悪いところがあると気分的にも優れないですね。


DSC_4101-001.JPG 高温と雨のおかげでゴールデンウィーク前後に植えた夏野菜、今年はとくに順調に育っているように思えます。ただ、このカボチャ、実は成っているのですが葉が黄色くて病気ですね。 

DSC_4116-001.JPG その向こうのスイカは今年も順調です。右側の玉はあと一週間ほどで収穫できそうです。

DSC_4117.JPG こちらの赤ちゃんスイカは三番成りです。今からだとお盆にちょうど良い大きさになると思うのでこれは仏壇のお供え用です。

2016-07-10 07.42.25.jpg ここ数年不作だった我が家のナス、今年は今のところ順調です。

DSC_4110-003.JPG キュウリ、この木はもう峠を越えています。別の畝に二番苗が植わっています。途切れずに収穫のバトンが繋がってくれると良いのですが、さてどうなりますか。

DSC_4112-001.JPG 今年初挑戦のズッキーニです。一度目は芽が出なくて再チャレンジ、早い人だと収穫され出した頃に蒔いた種が、今やっと花が咲いて実がなってきました。

2016-07-10 07.42.54.jpg トウモロコシ、ひげが茶色くなって収穫間近です。去年、湯がいたトウモロコシを孫がポリポリ食べてくれて嬉しかったので、今年も期待しています。 

2016-07-10 07.43.11.jpg サツマイモ

2016-07-10 07.43.19.jpg サトイモ

2016-07-10 07.43.26.jpg ピーマン、シシトウ、トウガラシは一株ずつですが、ひとつの木にたくさん成るので家で食べるにはこれで十分です。

2016-07-10 07.43.38.jpg オクラ、花が咲き始めています。

DSC_4105.JPG 大玉トマトも2,3日前から採れるようになってきましたが、写真はもっと前、ミニトマトが色付きだした頃です。

 ミニトマトは畑を始めた頃に作って失敗して以来、作っていなかったのですがcafelamamaさんに触発されて今年から再挑戦、以前は品種も考えずに闇雲に作ったのですが、今回はおいしそうな苗を購入しました。

DSC_4107-002.JPG

 その名も「天使のトマト」です。

 最初の一個が採れた日のこと、採れたミニトマトの粒を持ったまま他の作業をしていて、ミニトマトを持っていることを忘れて手に力を入れてしまいました。その拍子に、ミニトマトは潰れてしまい、あっと思ったときは手の中にトマトの汁が垂れていました。

 初めての収穫だったので残念さいっぱい、仕方なく捨てようと手を上げて思いとどまりました。我が家は無農薬、そのまま食べても害はありません。潰れているとは言え、トマトはトマト、味に変わりはないだろうと。

 手の中のミニトマトは少しひしゃげてひび割れていましたが、なんとか原型はとどめていました。そのまま一口にほおばると、最初は生暖かくて、やがて独特の酸味のきいた甘味が口の中いっぱいに広がりました。思わず笑みがこぼれます。天使のトマト、名前だけではなさそうです。


2016-07-09 15.56.43.jpg


nice!(37)  コメント(38) 

年月 [日々]

 急に暑くなりましたね。6月の後半はずっと雨続きだったのに、7月の声を聞くととたんに雨は止んで、夏日の日差しになりました。

2016-06-26 11.11.02.jpg

 毎日、雨が続いていた6月下旬の日曜日、その雨をかいくぐるように晴れた午前、両親の法事を勤めました。父は33回忌、母は27回忌でした。

 都会では月命日が重視されているようですが、我が田舎は3年と7年ごとの年忌を37回忌まで営みます。37回忌が済むと次は50回忌までありません。

 田舎の仏事もここ10年ほどですっかり変わりました。以前はお葬式も自宅でしたが今はホール、お金はかかりますが施主も親戚も近所もずいぶん楽になりました。

 それに伴って、逮夜や法事も少しずつ簡素化されだしてきています。今までは37回忌でもご近所の方にも来ていただき総勢20人以上になりましたが、今回は親戚と身内だけで済ませることにしました。

 90歳になってもまだ畑で頑張っている母の兄、父の妹は足が悪いので出席できず、代わりに従兄弟が参ってくれました。後は、本家、分家の親戚、私の弟一家、息子、娘一家といった顔ぶれです。

 昨年末、父が亡くなったときからお世話になっていた住職が亡くなって、今回新住職を迎えて初めての年忌でした。この住職は、以前、法話で「千の風になって」を素晴らしいテノールで歌った方です。「千の風になって」がまだ話題になる前のことです。

 新住職のよく響く読経は約45分ありました。その後、昨今、田舎でも料理屋さんへ食べに行くことが多くなっているのですが、我が家は従来通り自宅で仕出しのお弁当をお出ししました。


 ここまで書いて、6年前の法事の時はどんなことをアップしたのか気になって、「そらへいの音楽館」を検索してみました。あまり法事のことは書かないで、600gの極小未熟児で生まれた姪が4歳になったことを中心に書いていますね。

 あれから6年しか経っていないのですが、6年という歳月は目を見張るには十分な時間ですね。4歳の姪は今や小学校5年生になっていましたし、私の回りでもいろんな変化がありました。

 娘が結婚して義理の息子が出来、その間には二人の子供が生まれました。私はまだ還暦前で両親の年齢も超えていなかったのに、今や二人の年齢を遙かに超えて身も心もおじいちゃんです。

  この30年前後の年月を振り返ると様々な思いが交錯します。法事の挨拶でも言ったのですが、父が亡くなった当座は途方に暮れたこともありましたが、親戚や回りに助けられながら、夫婦二人で田舎の付き合いや農業を引き継いできました。そして今回、節目の33回忌と27回忌を無事勤めることが出来たことに何とも言えない感慨を覚えます。

DSC_1890.JPG


nice!(38)  コメント(20)