So-net無料ブログ作成

桜が散って3週間 [日々]

DSC_3789-001.JPG

 写真は近江八幡市にある八幡堀です。他に何枚か写真を撮って用意していたのですが、なんとなく気分が盛り上がらずサボっていたら、あっという間に三週間が経ってしまいました。明日から世間はもうゴールデンウィークです。

  上の写真を撮った三日前の4月2日、桜の季節にcafelamamaさんが永眠されました。一昨年、胃がんの手術をされて無事復帰され、その後、車の免許を取られたり新しい仕事をされていると聞いていたので安心していました。一方気力の減退や味覚障害の辛さを訴えておられたことが気がかりでもありました。

 そして復帰されて約1年後の去年の9月、「万事快調」というタイトルを持ってブログの更新を中断されました。それでも拙ブログにコメントやniceはいただけていたのですが、やがてコメントがなくなりついにはniceさえもなくなってしまいました。

 今から思うと、苦しい状況の中でもパソコンに向かって、我がブログを読んでいただき、暖かいコメントやniceをいただいていたのだと頭の下がる思いです。

 so-netのブログ内でも、cafelamamaさんの死を悼む記事をあちこちで見かけました。その暖かい人柄と才能には多くのファンの方がおられたようです。もちろん、私もその一人だったのですが。

 才人であったので、たくさんのブログを立ち上げておられましたが、私はその中で三つのブログとお付き合いさせいただいていました。一つは「大人は判ってくれない」というタイトルの映画評の記事で構成されたブログです。ここで「ニューシネマパラダイス」を教えていただきました。

 もっとも頻繁に行き来させていただいたのは、病気になられるまで楽しみにいそしんでおられた野菜作りをテーマにした「人生は時々晴れ」だったかも知れません。私の方が少しだけ畑の経験があったのですが、出来映えの方はいつも負けておりました。

 その要因は土作りからのこだわりと野菜作りに対する真摯な態度にあったのではないかと思います。あの整然とした綺麗な畑は、今は奥さんに受け継がれているのでしょうか。

 更新を楽しみにしていたのは、やはりメインの「横浜ホンキートンク・ブルース」でした。そう頻繁に更新されなかったのですが、されるといつもクォリティの高い内容と文章に感心させられました。

 弟さんの記事によると、これらのブログは残されるそうなので、また折に触れ読み直していきたいなと思っています。 

 ぱっと咲いて、花の季節に散って行かれました。私はブログでの短い間のお付き合いでしたが、いつか私もあの世にお邪魔する身、向こうではお顔を拝見して、映画や音楽、畑の話などを存分にお喋りしたいなと思います。

DSC_3807-001.JPG

 cafelamamaさんの逝去に引き続き、熊本ではまた大きな災害がありました。別にだからといって私ごときのブログを自粛しても仕方ないのですが、なんとなくモチベーションが上がりませんでした。

 あれから2週間、地震、津波、水害、繰り返される避難所の光景を見るにつけ、またいろいろな不足、あるいは物資配備の不備などの報道を聞くにつけ、防災相などと大げさな組織を作っても機能しないと意味がないので、小さな組織で災害時のエキスパートを養成して待機させておくことは出来ないものなのでしょうか。

 今日は一日、雨が降ったり止んだりのお天気、気温もひんやり低めでした。やぶの影で今年もひっそりとシャガが咲いていました。

_DSC0040.JPG


nice!(41) 

花散らしの雨 [日々]

_DSC0091-001.JPG

_DSC0003-001.JPG

 周囲の桜より少し遅れながらも、我が家の桜、今年も咲きました。花の付き方や盛り上がりが、良いときと比べると少し欠けて見えるのは、満開にはまだ少し間があるのかも知れません。

 それまで曇り気味の日が続いていましたが、水曜日は桜の満開を祝うように良いお天気の日でした。今年は桜の開花、直前になってじらされましたが、全体的に気温高めだったせいか、蕾が膨らみはじめるとあっという間に開花した気がします。

 しかも、地域差があまりなく県内の北の方でもニュースなどを見ているとこちらと変わりない咲きっぷりでした。またいつもは少し早く散るしだれ桜も同じ時期に満開になっていました。

DSC_3574-001.JPG

 桜の季節というのに、ツグミがまだいます。陽気に誘われていつもの裏山に行ってみました。

 ユキヤナギレンギョウも盛りです。この前来た時、満開前だった山の入り口のハクモクレンの大木は、ほとんど散っていて、残っている花も汚れていました。

_DSC0014-001.JPG

_DSC0024-001.JPG

 こちらは少し山に入った所にあるハクモクレンです。山裾に近い分、寒いのでしょうか今が満開ですね。ハクモクレンの白い大きな花びらは華やかで清潔な印象、はかなく淡いピンク色の桜とはまた違った趣がありますね。

_DSC0027-001.JPG

_DSC0040-001.JPG

 モミジイチゴ?白い花は初夏を思わせます。

_DSC0045-001.JPG

 山道が上りはじめたところでツツジが咲いていました。そこまで来て、そう言えばどなたかのブログでショウジョウバカマが掲載されていたのを思い出しました。そのあたりには、毎年そこだけで見かけるショウジョウバカマがあるのです。

_DSC0049-001.JPG

 ショウジョウバカマ、さがしてみたら数本ありましたが、もう盛りを過ぎていました。

_DSC0056-001.JPG

 林の奥の囀りはまたしてもヤマガラでした。

_DSC0064-001.JPG

 地味ですが、これも花?

_DSC0058-001.JPG

 山にある桜はまだこんな具合です。途中まで登って引き返しました。

_DSC0065-001.JPG

 麓の桜です。

_DSC0069-001.JPG

 グランド横の堤防の桜並木

_DSC0071-001.JPG

_DSC0075-001.JPG

 神社まで戻りました。

_DSC0081-001.JPG

 堤防沿いの桜並木、提灯もぶら下げられて、日曜日に開かれる桜祭りの準備がすっかりできあがっていました。


 ところが満開の桜を楽しめたのは水曜の昼間まででした。水曜日の夜から木曜日にかけて、ほぼ丸一日、激しい雨と風が吹き荒れました。時間に余裕のある方たちは、天気予報をみて水曜日の昼に花見を済まされたようです。

DSC_2467-001.jpg

 無情の雨に打たれて、翌木曜日の雨上がりの午前、我が家の桜の下はこんな具合でした。

 でも、雨風があったからと言って、自然は全て桜の花を散らしてしまった訳ではありませんでした。満開になる直前、あるいは満開になって間がなかったせいか、花は残っています。

_DSC0034.JPG

_DSC0038.JPG

_DSC0085-001.JPG

_DSC0042.JPG

 今朝撮った写真です。今年の我が家の桜、満開を一度も見ることは出来ませんでしたがその直前と直後を見られたので、よしとしておきましょう。


 順番は違うのですが、桜にちなんだジャズをYouTubeでさがしてみたらこんなのがありました。コンサートで、外国の演奏者がアンコールなどでサービスしてくれる代表的な曲のひとつですね。この演奏もそうした時のものかも知れません。



nice!(45)  コメント(26) 

開花宣言2016 [日々]

_DSC0001.JPG

 3月26日、家の裏の桜はこんな具合でした。朝霜が降りて、寒の戻りの寒い日でしたが、前日に比べると風が止んだ分だけ寒さは和らいでいました。久し振りにカメラを持っていつもの散歩コースを歩きました。


_DSC0007.JPG

 ご近所の梅林、サンシュユも散ったのに、この木だけ白い花を咲かせています。この木も梅の一種なのでしょうか。



_DSC0016.JPG

 鎮守の森へ行く途中に小学校のグランドがあり、スポ少の子供たちが試合形式の練習をしていました。この子はまだ小学4.5年生くらいでしょうか。山なりのボールを投げる姿はひ弱に見えますが、カメラで撮ると小さい身体を目いっぱい使って投球しているのが分かります。



_DSC0018.JPG

 地蔵さんの坂を上がっていく途中にある幼稚園のハクモクレン。この幼稚園には4月から孫が入園します。


_DSC0022.JPG

 坂を上がりきったところにあるコブシはまだこれからですが、隣のカリンの木はもう若葉になっていました。


_DSC0024.JPG

 ユキヤナギ、レンギョウはこれからですね。


 以前にもお会いしたことがある年配の女性が500ミリレンズを装着したカメラを持って林の中を狙っていました。なんでもベニマシコがいるとか、しばらくいっしょに待ってみましたが現れませんでした。


_DSC0028.JPG

 仕方無いので近くで囀っていた野鳥を見つけシャッターを押してみたのですが、いつものシジュウカラでした。しかも顔は向こうを向いていて見えません。


_DSC0034.JPG

 山の入り口にあるハクモクレンの大きな木。時間も遅かったので山へは向かわないで、折り返して天井川沿いを歩きました。途中聞き慣れた囀りがするのでカメラを向けてみました。

_DSC0056.JPG

 てっきり、ホオジロと思っていたのですが撮った写真を見るとヤマガラでした。いつもと違うメロディックな囀りだったのは、春、恋の季節だからでしょうか。



 堤防沿いには桜並木が植わっています。35年ほど前に帰郷した頃はまだ樹も小さくて貧相に見えましたが、いつの間にか大きくなって今では、枝が互いに干渉し合うまでになっています。

_DSC0097.JPG

 こちらの蕾はこんな具合、我が家に比べるとピンク色が濃くて、蕾の膨らみも幾分大きく見えます。



_DSC0107.JPG

_DSC0109.JPG

_DSC0101.JPG

 堤防の散歩道、その道ばたに誰が植えたのか毎年、スノーフレークが咲きます。

_DSC0112.JPG

 家に戻ってくるとお隣の畑で菜の花が咲いています。

_DSC0122-001.JPG

 桜の木と並びに生えている家の椿です。今年の暮れに開花している椿の記事をアップしたのですが、3月末になってもまだ咲いています。椿の開花時期、いつもこんな長かったかなぁと、首をかしげています。




_DSC0002.JPG

 昨日、今日と四月下旬の暖かさだそうです。県下では彦根城でも開花の報告がありました。そして散歩から5日後、我が家の桜もとうとう開花宣言です。



  さて、久し振りのジャズ、Nの続きはニーナ・シモンとかニールス・ペデルセンなどが浮かびますが、勉強不足なので、飛ばしてOに行きます。ここには大物、Oscar Peterson(オスカー・ピーターソン)がいます。


 YouTubeをさがしていたらオスカー・ピーターソンとカウント・ベイシーのピアノ共演を見つけました。知りませんでしたね。こんな凄い組み合わせがあって、しかもビデオで残っているなんて。


nice!(35)  コメント(28)