So-net無料ブログ作成

陽水を楽しむ [音楽]

1-_DSC0500.JPG ホトケノザ

1-_DSC0501.JPG ヒメオドリコソウ

 まだ寒い日があったり、暖かい日があったりと、3月は毎年のことながらもどかしい思いをさせられますが、春を告げる雑草の花が休耕地のあちこちに今年も咲き始めてきました。

1-DSC_2416.jpg

 モクレンももうすぐ咲きそうです。今朝は、今年初めてウグイスの声を聞きました。桜の蕾も膨らんで、気がつけばお彼岸、そして今日は12月に亡くなった先住職の100ヶ日の法要です。


1-DSC_2399.jpg

 私にしては異例なこと、まるで盆と正月と誕生日とクリスマスがいっしょに来たみたいなことなのですが、先月のダイアナ・クラール、今月の山中慎介選手のタイトルマッチ、それぞれの興奮冷めやらぬうちに、またしても今度は井上陽水のコンサートに行ってきました。

 井上陽水が今続けているツアーは「ユナイテッドカバー2」2016なのですが、去年は当然2015でした。10月に我が滋賀県は守山市民ホールに来てくれたのですが、私は知りませんでした。同級生の一人が聞きに行った模様をブログに上げていて、自分も行きたかったなぁと思ったのでした。

1-DSC_2395.jpg 平安神宮の鳥居

 ダイアナ・クラールのチケットをチケットぴあで取得したときに、ホームページを見ていたら、井上陽水の2016年のツアーの情報があり、なんと京都でのコンサートが迫っているのを知りました。2016は2015に行けなかった所を回っているらしいです。京都は中でも追加公演だったようです。

 日頃の罪滅ぼしをかねて、今回は妻を誘うことにしました。私と妻は6歳違い、趣味も性格もかなり違うのですが、陽水ならぎりぎりリンクするのではないかと思いました。

 日時はお寺の御忌の前日です。去年までなら役や当番が当たっていたので前日準備があり、あきらめなければいけないところでしたが、今年は無役です。早速申し込んだチケット、S席は取れませんでしたが何とかA席を二枚ゲットすることが出来ました。

1-DSC_2396 1.jpg 平安神宮前、疎水にかかる橋より東山を仰ぐ

 場所は、ロームシアター京都です。何処かなと調べてみたら昔の京都会館でした。長い間、工事していたのですが、今年の一月改装オープンしたのだそうです。

 この間のダイアナ・クラールは遠すぎて顔も見えなかったので、オペラグラスを今回に備えて買ってありました。ところが持って行くのを忘れ、途中で取りに戻るハプニングがありましたが、早めに出ていたので17時の開場には間に合いました。

1-DSC_3481.JPG 「平和の女神」

 京都会館の玄関前には、山田良定先生の「平和の女神」像が置かれていたのですが、工事中は撤去されていました。もう戻れないのかと心配していましたが、場所を少し変えて西の端の方にありました。

1-DSC_2398.jpg

 京都会館に併設されていた建物、以前は何だったのか忘れましたが今は、おしゃれな蔦屋スターバックスコーヒーに生まれ変わっていました。

1-DSC_3483.JPG

 ロームシアター京都(京都会館)正面から見ると外観はあまり変わって見えなかったのですが、柱が増えているような気がしました。また、疎水側から見ると外壁が綺麗になっていました。

 入ったのは、たぶん30年ほど前、カウント・ベイシーを聞きに来て以来です。中はまるで別のホールのような変わりようでした。綺麗でモダン、4層バルコニー構造と言うそうで約2000人収容だそうです。上野の文化会館を思わせる構造、クラシック音楽などにも合いそうです。

1-DSC_2401.jpg

 私たちの席はその四階です。四階には4列しか席がないのですがその3列目という条件でした。ダイアナ・クラールの時と言い、チケットぴあ、ろくな席を取ってくれないな、と思っていたのですが、救いは左右の真ん中、ステージの真正面だったことで音響的にはばっちりでした。四階席、確かに上から見下ろすことになりますが、一階後ろのダイアナ・クラールの時より近くに見えました。

1-DSC_2400.jpg

 会場入り口で待っている時から感じていたことですが、回りの観客たちはほっとするほど同年代のカップルが多かったですね。中には女性だけのグループとか若い人の姿もありましたけれど少数でした。

 陽水さん、登場すると挨拶なしでいきなり「カナリア」を歌い出しました。大柄で昔のイメージからすると少しふくよかです。2.3曲歌って、ようやく挨拶が入ります。

 「京都の皆さん、並びにその近郊の皆さん」などと挨拶して小さな笑いを取ってました。そのMCの中で、なんと京都は5年半ぶりということを告白していましたね。

 お喋りの間に何気なく挟まれるウィットに思わず反応しながら、やはり日本のミュージシャンのステージは、言葉の心配がいらないからいいなぁとつくづく思います。

 歌はもちろんですが、トークも楽しかったですね。あんなに喋るとは思いませんでした。時々話が脱線して何処へ行くのかと思ったら、話の結末にはちゃんとオチが付いていて脱線も計算のうちなのでした。

 トークの中にあった話で驚いたのは、先日の大阪でのダイアナ・クラールの公演、彼も聞きに行っていたのだそうです。席は前の方だったそうですが、思ったより音が小さくステージが遠くに感じたそうで、今度から補聴器とオベラグラスがいると言うオチが付いていました。

1-img074.jpg

 歌は、知っている曲と知らない曲が交互に歌われている感じでした。知っている曲だけを並べると「カナリア」「飾りじゃないのよ涙は」今回のツアータイトル「ユナイテッド・カバー2」から「シルエット・ロマンス」「リンゴ」「女神」「瞬き」「あの素晴らしい愛をもう一度」などです。

 今回のツアーのテーマはカバーなんですが、「女神」と「瞬き」はオリジナルで、NHKの番組、ブラタモリのテーマとエンディング曲と言う説明がありました。

 15分の休憩を挟んで、後半は「ジェラシー」「氷の世界」「夢の中へ」と懐かしいナンバーが続きました。私たち世代には何より嬉しいことですね。とくに「氷の世界」「夢の中へ」は歌うと思っていなかったので嬉しかったです。私が彼を聞くようになった原点です。

 異様に長いアンコールの拍手の後、彼はなんとシャツを着替えて再登場してきました。いかにも着替えていたから遅くなってしまったんだよと言わんばかり、これも彼特有のユーモアなんでしょうね。

 アンコールは確か3曲歌ってくれたと思います。最後が「夏の終わりのハーモニ」でしたか。最後はステージも観客席も最高に盛り上がってましたね。17時半から20時過ぎまで休憩を除いて約2時間半、熱唱でした。私より三歳上の67歳ですが、エネルギッシュでパワフルですね。

 満員の会場は大盛り上がり、まるで2000人の同窓会のようでした。隣の席の我が相方も、なんのかのと言いながら、時折オペラグラスをのぞき込んだり、一生懸命手を叩いたりしてましたね。




nice!(46)  コメント(26) 

祝! V10 [その他]

 珍しくイベントが続いております。先週金曜日、WBCバンタム級世界チャンピオン、山中慎介選手の10度目の防衛戦が、準地元京都であり応援に行ってきました。

1-写真.jpg

 さしてボクシング好きでもない私なのですが、たまたま彼の父親と叔父(二人は双子)と中学の同級生だったため、その御縁でここのところ、大阪、東京、京都と連続して応援に行っています。

 今回も地元からバスが何台も出て、私たち同級生も応援バスに便乗しました。会場は島津アリーナ(京都府立体育館)です。当日はタイトルマッチが二つ組まれていましたが、もちろん慎介選手はメインイベントで、TV放映もありました。

1-DSC_3417.JPG

 リングサイドには、慎介選手の高校の後輩である村田諒太選手も姿を見せていました。京都会場と言うこともあってか、東京での試合ほど有名人の姿は見かけませんでした。

 相手のリボリオ・ソリス選手は、慎介選手と同じ33歳ですが、精悍そうに見えます。軽量オーバーで失格ながらも亀田大毅選手にも判定勝ちしている日本人キラー、強敵です。防衛も10度目と言うことで、いつもながらではありますが応援する方もチカラが入りました。

 赤いガウンをまとってリングに上がった慎介選手、ガウンを着たまま盛んに身体を動かしています。地元と言うこともあって、いつも以上に気合いが入っている様子です。

1-DSC_3461.JPG

 慎介選手はじめのうちは、余裕の距離感で戦っているように見えました。軽く、ダウンを奪う場面さえありました。ところが3回でしたか相手の右をいきなり食らってダウンです。

 チャンピオンになって確か二度目のダウンだったと思います。すぐに立ち上がったものの、さらにまた右を食らってこのラウンド二度目のダウン、これには観客席からも悲鳴が上がりました。会場は怒号のようなシンスケコールの大合唱でした。

 このラウンドであと一回ダウンしたらノックアウト負けです。ラウンド3分のなんと長く感じられたことか。ゴングが鳴って何とかノックアウト負けを逃れました。ソリス選手、倒し切れなかったので自分のコーナーに戻る時、地団太踏んて゛悔しがっていましたね。

 この思わぬ劣勢に我々は心配しましたが、同級生の一人、ボクシング通のY君がこれで落ち着くと言った通り、その後は終始慎介選手の右、左が的確に相手にヒットする展開となり、ノックアウトは出来ませんでしたが余裕の判定勝ちでした。

1-DSC_3456.JPG

 ひやひやさせられる場面もありましたが、さすが10度目の防衛戦、ダウン以降は巧さと冷静さが目立った試合運びでした。同じひやひやさせられてもこの前の東京のようなことは無かったですね。慎介選手、勝つテクニックを身につけて、また一回り強くなったのではないでしょうか。



1-写真 (4).jpg 

 試合が終わって、同級生13名で木屋町に繰り出しました。行った所は同級生の一人が案内してくれた、アメリカン・グラフティというお店、バンドと60年代の衣装をまとったお嬢さんが二人、60年代ヒットナンバーを歌い、ホールでは観客が踊りまくります。

1-写真 (2).jpg

 最後は、慎介選手の親父も加わって、歌ったり踊ったりが苦手な私も、皆といっしょに身体を動かしました。たぶん外目にはぎこちないラジオ体操くらいにしか見え無かったと思いますが、誰も見ている人はありませんね。


 今日はジャズを離れて60年代のナンバーから


 60年代というと私は10代、この歌はザ・ピーナッツの歌で記憶があります。この夜も確か歌われていたと思います。


nice!(31)  コメント(22) 

ダイアナ・クラールを聞きに・・・ [ジャズ]

1-DSC_3394.JPG

 ダイアナ・クラールのコンサートへ行ってきました。

 ホールで聞くコンサートは久し振り、ましてや外国人ミュージシャンのコンサートというと、ほぼ30年振りのことではないかと思います。

 ダイアナ・クラールはカナダ出身のジャズ歌手兼ピアニストです。グラミー賞を4回も受賞しているそうです。1990年代以降でもっとも成功したジャズ歌手の一人だそうですが、勉強不足のせいか、最近はジャズの新しい歌手の登場あまり聞きませんね。


ウォールフラワー~コンプリートセッションズ

ウォールフラワー~コンプリートセッションズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/11/04
  • メディア: CD


 ツアーのタイトルにもなっている最新のアルバムです。イーグルスとかポール・マッカトニー、ボブ・ディランの曲などをカバーしています。独特のハスキーボイスですが包み込むような暖かみのある声です。

DSC_2346.jpg

 時代は変わりましたね。チケット、コンビニで受け取れるのですね。それにしても15,000円、高くなったものです。私が若い頃、有名なジャズミュージシャンのコンサートでもレコード一枚とあまり差がない金額でした。チケット代が高くなったのか、レコード、CD代が値上がりしていないのか。


 閏年の2月の最後の日は、風が冷たい日でした。少し早い昼食を済ませて午後大阪に着きました。コンサートは19時から開始なので時間があります。普段行けないヨドバシカメラやグランフロント、阪急百貨店、第三ビルなどを冷やかして歩きました。

 大阪駅とその周辺はここ数年、めざましく変貌を遂げていて、すぐには自分のいる場所がどこか確認出来ず戸惑うことしばしばです。北口に出て、ヨドバシカメラのビルがすぐそこに見えているのにストレートに行けなかったりします。

 コンサート会場は中之島にあるグランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)です。行ったことがない会場ですが中之島へは昔何度か行ったので、今回もバスを使う事にしました。ところがバス乗り場も工事中で変更されていてここでも少しウロウロしてしまいました。


1-DSC_2353.jpg

 夕方の堂島大橋を渡ります。明日から3月というのに風が冷たい。

1-DSC_2350.jpg

 正面に見えるビルが大阪国際会議場です。5階に今夜の会場、グランキューブ大阪があります。

1-DSC_2356.jpg

 正面玄関、こんな大きなビルの中にホールがあるのですね。私が知っているホールは独立した建物ばかりだったので、ホールがビルの中にあること自体驚きです。

1-DSC_2358.jpg

 5階に上がるとすでに大勢の人が来ていて係員によって並ばされていました。開場は18時からですからあと10分ほどあります。チケットを持っているのに並ばされることに疑問を感じている人が何人かありました。私もその一人でしたが。

1-IMG_20160229_181014.jpg

 私の席はS席です。A席とは千円しか違わないのでSにしたのですが、席に着いてみてびっくり、確かに1階席ではありましたが後ろから数えて5列目くらい、しかも右の端の方です。15,000円出してここかい、という感じです。

1-IMG_20160229_181801.jpg

 私の席からステージまでこれだけの距離があります。これではとても演奏者の顔は見えません。スタジアムではないので、大型の液晶ディスプレイもありません。ここはコンサート会場と言うより、文字通り会議場なのではないでしょうか。

1-DSC_2359.jpg

 開演まで少し時間あったのでロビーをウロウロ、窓から夕暮れが迫った中之島対岸です。

1-IMG_20160229_185546.jpg

 外の景色が暮れ始めてトワイライトムードに包まれる頃、会場もどうやらいっぱいになってきました。

1-IMG_20160229_180959.jpg

 遅れて来る人が多くて、予定の19時を過ぎても会場はざわついています。ほとんどの観客はラフな服装ですが中にはスーツ姿の人も。そう言えば今日は月曜日です。

 5分ほど遅れて、ようやく照明が暗くなり、ステージが青い色に浮かび上がりました。バンドのメンバーが一人ずつ入場して、それぞれの楽器の前にスタンバイ、最後にダイアナ・クラールが登場、大柄な女性です。彼女は一礼するとグランドピアノの前に着席しました。

1-img073.jpg

 演奏が始まると席の悪さも忘れるほどすぐにご機嫌な気分に引き込まれます。音も思ったより良くて、とくにピアノをはじめ楽器の音はかなりクリアに聞こえていました。

 暗く落ち着いた照明でショーアップされたステージ、ダニエル・クラールもバンドの面々も遠くて顔は見えませんが仕草は分かります。リズムに合わせて彼女がピアノのペダルを小気味よく踏みながらジャージィに歌う姿に、引き込まれて身体が揺れます。

 ダイアナ・クラールは最新のアルバムでポピュラー曲をカバーしているので、少しジャズから離れたものになるのかなと思っていたのですが、しっかりと自分の立ち位置をわきまえてジャズしているのが嬉しく思えました。

 ただ、一曲目を歌い出してすぐの間奏の時、彼女がステージ袖口に向かってハリーアップとばかりに腕を振りました。一曲目が終わると袖からスタッフが小走りに出てきて何かを彼女の傍らに届けました。

 この夜の彼女の声は想像以上にハスキーでした。歌だけでなく話す声もです。歌う声は少し重くさえ感じられました。CDで聞いていた彼女の声は年齢的な違いもあるのでしょうがもう少し伸びやかです。

 1.2回、小さな咳をする場面がありました。歌手がステージで唄っている最中に咳をするのは珍しいことです。どうやら体調が悪そうです。傍らのコップで喉を潤しました。先ほどスタッフが持って来たのは、喉を潤す飲み物だったようです。

1-DSC_2363.jpg 

 Summer SambaOn the Sunny Side of the Street、ボサノバ、ジャズの名曲、知っている曲が演奏されると嬉しいものです。

 歌の前に彼女は曲紹介というか、何か少しお喋りをするのですが、外国のタレントのコンサートに来ていつも歯がゆい思いをするのが、言葉の壁です。ジョークを言っていても反応出来ないのは残念です。何度かソリ-と言っているように聞こえたのは、声の調子の悪さを謝っていたのでしょうか。

 演奏の方も、彼女の調子の悪さを隠すためか、負担を減らすためかバンドのソロがよくフューチャーされていました。ギターとバイオリンがよく歌ってましたね。

 他にはベース、キーボード、パーカッションという編成です。演奏がある程度進んで、一度バンドがステージ下に下がりました。ダイアナ・クラールのピアノ弾き語りの始まりです。

 Quiet Nightはしみじみとして良かったですね。喉の調子が悪いので少し唄いにくい箇所もあったようですが、しっとりと聞かせてくれました。

 一番盛り上がったのはCalfornia dreaminでした。彼女が最初のフレーズを歌い出すと客席から大きな拍手が起こりました。アルバム「Wall Flower」収録曲です。メロディ的にも親しみ安い曲です。

 ひとつのコーナーを形成するくらい彼女の弾き語りがあるのかと思ったら、数曲だけでまたバンドメンバーが再登場して1.2曲演奏、それで今夜のステージは終わりです。もちろんお約束のアンコールがあって、アンコール曲にしては長い曲、二つ演奏してくれました。

 前列の方でスタンディングオベーションをしている人影がありました。後ろの方では私の右隣の東南アジア系のご夫婦だけ立ち上がって拍手をしていました。

 場内に明かりが灯った時、20時半を少し過ぎていました。約一時間半のコンサートです。最近はコンサートに全然行っていないのでこんなものかと思ったのですが、隣の席の男性客は席を立ちながら「ダイアナ・クラールもっと歌えよ」と毒付いていました。

 久し振りのコンサートホールで聞くライブ、ダイアナ・クラークの調子はどうやら万全ではなかったようですが、それでも私は十分に楽しく堪能した気分でした。ただ、私の席の近くの女性たちが、「良かったわね。でも出来たらもう少し前で聞きたかったわ」と言う言葉は、私のわずかな不満を代弁しているように思いました。




nice!(41)  コメント(24)