So-net無料ブログ作成

知多半島へ [旅]

 去年の11月、中学校の同窓会があり、その実行委員の端くれに名を連ねていました。無事、同窓会も終わり打ち上げがあったおり、実行委員を中心にして旅行に行こうと言う話が持ち上がりました。

 行き先は、あまり行ったことがない知多半島に決りました。皆さんいろいろ都合があって、参加したのは実行委員の3分の2ほどでしたが、メンバーのご主人が運転手をかって出てくださり、レンタカーで回ったのでかなりリーズナブルな旅行になりました。

 とは言え、同級生のこと、直前に集合時間と集合場所を知らされただけというかなりおおざっぱな案内でした。私も実際の行先が知多半島だったか渥美半島だったか分からなくなって、直前に知多半島と確認しただけで、行程も泊まる宿も知らないまま集合場所に出かけたのでした。

 最初に着いたのがなばなのです。イルミネーションとお花で有名なところで、himanaoyajiさんの写真にもたびたび登場する所ですが、私は初めてでした。もちろん昼間なのでイルミネーションはありませんが、この時期としてはたくさんのお花が迎えてくれました。

1-1-_DSC0009.JPG

1-1-_DSC0011.JPG

1-1-_DSC0016.JPG

 参加メンバーの一部です。後ろ姿ですが。

1-1-_DSC0035.JPG

1-1-_DSC0047.JPG

 前日は雨、この日は雨は上がったもののやや重い曇り空でした。そして外は少し冷たい風が吹いていました。梅苑では満開のしだれ梅を堪能することが出来ました。他にも名前の知らない木々や花がたくさん植わっていましたがスイセンはまだ少し早かったですね。

 続いてベゴニアガーデンに入場しました。

1-1-_DSC0096.JPG

1-1-_DSC0098.JPG

1-1-_DSC0103.JPG

1-1-_DSC0154.JPG

1-1-_DSC0156.JPG

1-1-_DSC0155.JPG

1-1-_DSC0162.JPG

1-1-_DSC0172.JPG

1-1-_DSC0174.JPG

1-1-_DSC0175.JPG

 ハウスになっているので風も遮られて暖かく、仲間の一人は思わずコートを脱いで休憩し、そのまま忘れて出口まで行ってしまうアクシデントがありました。

 それにしても、これが皆、ベコニアと思うほど、多種多様な花がありました。花に詳しい女性たちは、いろいろ花の名を言ったりしていましたが、私は何も分かりません。

 他にバラ園もあったのですが、季節外れで入ることは出来ませんでした。

1-1-_DSC0186.JPG

1-1-_DSC0189.JPG

1-1-_DSC0192.JPG

1-1-_DSC0195.JPG

1-1-_DSC0197.JPG

 ベゴニアガーデンに入っている間に日差しが出てきましたが、外の風の冷たさは変わりませんでした。

 昼食は、なばなの里にあるレストランでバーベキューでした。ビールを飲んで日頃あまり食べられない肉をいっぱいいただきました。

1-1-_DSC0198.JPG

 長島温泉に寄ると聞いていたのですが、そのまま観覧車を横目に見て進むのであれ、何処へ行くのかなと思っていたら、車は名古屋港周辺をぐるっと回ってJR東海のリニア・鉄道館の駐車場に入りました。

1-1-_DSC0209.JPG

1-1-_DSC0211.JPG

1-1-_DSC0213.JPG

1-1-_DSC0214.JPG

 蒸気機関車、私たちはこれに乗って高校に通っていたので、皆懐かしがっていました。蒸気機関車をリアル体験している世代、つい若い人たちに自慢話をしてしまいます。それにしてもこの黒い車体、新しい車両のスマートなデザインを吹き飛ばしてしまう機械そのものの存在感というか重みを感じますね。

1-1-_DSC0210.JPG

1-1-_DSC0217.JPG

1-1-_DSC0220.JPG

 歴代の新幹線が並んでいました。私はやはり一番最初のゼロ系が懐かしいですね。中学生の頃に夢の超特急と言って、東京大阪間をはじめて走り出したのでした。ずっと憧れの存在でしたからね。

1-1-_DSC0235.JPG

1-1-_DSC0237.JPG

 こちらは客車です。灰皿のある車両懐かしいです。今では考えられないことですね。その下のヒーターの上に片足を乗せていましたね。

 座席もぽかぽか暖かくて、座っているとよく居眠りをしました。読んでいる文庫本を落としてしまい、慌てて拾い上げながら周囲を見渡したものでした。もちろんこちらが気にするほど誰も気にしていないのですが。

1-1-_DSC0241.JPG

 こちらはもっと古い客車で、さすがに記憶がありませんが、何とも言えない味わいがありますね。

1-1-_DSC0240.JPG

 カボチャと言ってますが、正式にはクハ111系というのだそうです。一時、この電車ばかりだったような気がするのですが、最近すっかり見かけなくなりましたね。

 館内にはジオラマがあったり、在来線の運転シュミレーターがあったり、リニアカー500キロ疑似体験があったりと展示品を見るだけでなく遊べるコーナーもいろいろあって半日くらいは遊べそうな所でした。私たちは、11年先に開通が予定されている次なる夢の超特急、リニアカーの500キロ疑似体験を楽しみました。

 名古屋を通り過ぎて知多半島に入ると車窓の風景は田んぼと岡の連なりが続き海が見えません。細長い半島の背骨を貫通する南知多道路を走っていると回りは何もないように思えます。

1-1-_DSC0422.JPG

1-1-_DSC0249.JPG

 宿に着いて温泉に入り、後はお決まりの宴会です。さすがに海辺だけあって、料理は魚づくし、刺身、焼き魚、煮魚、何種類ものエビとかに、堪能しました。お酒もあまり強い方ではないのですが、帰る心配をしなくて良いので、普段よりたくさんいただきました。

 宴会が終わっても部屋に集まって、昔話などに花が咲きました。誰かが言い出して、中学時代の好きな子の話などを順番に話して回りました。思いがけないカミングアウトが聞けたりして、まるで修学旅行の夜のように楽しい時間になりました。同級生たちの話や仕草に腹を抱えて笑い、職場や地域の集まりとはまた違った気兼ねのない時間が過ぎていきました。

1-1-_DSC0272.JPG

1-1-_DSC0335.JPG

1-1-_DSC0381.JPG

1-1-_DSC0397.JPG

1-1-_DSC0424.JPG

 翌朝、私は二日酔いもなく、朝から風呂に行ってさわやかな気分だったのですが、ここでひとつ失態をやらかしてしまいました。部屋のキーを返してさて帰ろうとすると、誰かが私の足下を指さします。ふと見ると、私は宿のスリッパを履いたままでした。

 これには皆も大笑い、私は慌ててフロントで鍵を借り直し、部屋に戻りました。この旅行用に買った靴はもちろんまだ玄関に残されていましたが、頭をかきながら戻る途中、そう言えば、以前もどこかでやったなぁと一人苦笑いするばかりでした。

 帰り道は初めのうち南知多道路を走らなかったので、車窓に人家の集まりが見えたり、海が見えたりしました。海産物のお土産屋さんに寄った後は、半田市にある酒蔵、国盛へいきました。

1-1-_DSC0429.JPG 

1-1-_DSC0435.JPG

 説明を聞きながら古い蔵の中を案内してもらい、酒造りのビデオを見てから酒好きの人には堪らない利き酒がありました。あまり日本酒が得意でない私もせっかくだからいただきました。

 その中で一番おいしいと感じたのが黒松吟醸仕込みでしたね。辛口だそうで、私はあまり酒のこと分からないのですが、雑味のないストレートな味わいがありました。

 同級生も黒松が良いと言って、買っていくものがいました。私は自分では飲まないので酒好きの伯父の土産に一本求めました。

1-1-_DSC0461.JPG

1-1-_DSC0472.JPG

 昼食は名古屋市内に入ってとあるお店できしめんと松花堂弁当でした。そのあと大須観音に寄りました。私は大学が名古屋だったので、大須には行っているのですが、観音様は行った記憶がありません。

 大須の商店街は歩いているはずですが、たびたびは来ていないのでほとんど記憶がありませんでした。ちょっと京都の京極に似た雰囲気の商店街ですね。

1-1-_DSC0467.JPG

 大須演芸場がすぐ近くにあるのですが、回りはやたらコメヒョウなど中古品店が多い所でした。

1-1-_DSC0484.JPG

 続いて熱田神宮です。ここもはじめてでした。全体的に今回行った所は皆初めての所ばかりでした。学生の時、渥美半島か知多半島を旅していてどっちだったか分からなかったのですが、今回知多半島に行ってみて、自分が昔行ったのは渥美半島だったと分かりました。

1-1-_DSC0496.JPG

 熱田神宮に咲いていた八重の梅、ここは中国の団体旅行客が多かったですね。

1-1-_DSC0497.JPG

 信長塀、信長が桶狭間の戦いに勝利した記念に寄進したものだそうです。

 バスは名古屋市内を抜けて帰路につきましたが、車窓を見渡してみても、当然私が知っているものは何もありませんでした。テレビ塔も見えませんでした。

 いずれ名古屋にはゆっくり一人で来てみたいなと思っているのですが、東京以上に何もかも変わっていると言うか、私が暮らしたのは2年足らずで、知っている所もわずかしかありません。

 帰り道は皆、お疲れなのか眠っているものが多かったですね。かくいう私も熱田神宮を出てしばらく、最寄りのインターを降りるところまでぐっすり眠りこけていました。

 以上、拙い写真の羅列になってしまいました。なばなの里や、大須の商店街などhimanaoyajiさんのホームを荒らしてしまいましたが、写真は及びも付きません。

 ここのところ金曜日に更新出来ず土曜更新が続いています。一日延ばすだけで少し気持ちに余裕が生まれるのは不思議です。

 長くなるので今日のジャズはお休みさせていただきます。


nice!(33)  コメント(20) 

ウインドウズ10その後 [パソコン]

 今年の冬は始まりが暖かかったせいで暖冬のイメージが強かったのですが、実際1月後半からはけっこう寒い日もあって、びっくりさせられることが何度かありました。平年並みの寒さでもそれまでが暖かかったので、不当に寒く思えて、なんだよ、暖冬じゃなかったのか、とこぼしてしまうことたびたびでした。

 それでも気象予報によると、全体としてはやはり暖冬なのだそうです。暖冬なら早く春が来るような気がするのですが、これがなかなかじれったいですね。春を思わせるような日が1.2日あったかと思うと寒い日がもっと続きます。昼間と朝晩の寒暖差も春への期待を裏切ります。

 近くの蝋梅や梅の木も1月中旬で開花が止まってしまいました。とくに蝋梅はきちんと咲ききる前にこのまま花の寿命を迎えつつあるようです。

 少し咲きかけたまま時間が止まっていた梅は、ここへ来てようやく花の数を増やしてきました。やはり咲ききるのは例年通り3月になりそうです。


1-_DSC0061.JPG

 オオイヌノフグリ、暖冬のせいで去年の暮れか今年の初めにすでに見かけていましたが、やはり春を待ちわびる今頃見つけるのがいいですね。花全体が1センチもないような小さな花なのですが、今見ると勢いのようなものを感じてしまうのは気のせいでしょうか。


1-_DSC0068.JPG

 ツグミも暮れには見かけましたが、家の裏近くでのんびりひなたぼっこをしている姿を見かけるのは、毎年、1月後半から2.3月にかけてですね。



 ウインドウズ10にアップグレードしてほぼ1週間が経ちました。アップグレード直後、すぐに使えなかったitunesや年賀状ソフト、プリンタ付属のソフトなども無事復旧しました。

 デスクトップからショートカットアイコンが消えてしまった幾つかのソフト、中でも軽くて多機能さに重宝していた画像編集ソフト、jtrimや日記ソフトなども使えるようになって一安心です。

 はじめはソフト側がウインドウズ10に対応していないせいで、消えてしまったと思ったのですが、再インストールしたらちゃんと動作するので驚きました。よく調べたらパソコンの中にソフトもデーターもちゃんと残っていました。

 こうしたトラブルの主な原因は、私がマイドキュメントをCドライブ以外に置いているために起こったのだと思います。

 不具合を調べて元に戻したり、あれこれいじってウインドウズ10を自分が使いやすいようにカスタマイズしていくのは、一見面倒なようですが私にとっては楽しい作業にも思えます。今使っているパソコンに無償のOSを入れ直しただけなのに、まるで新しいパソコンを買ったようなうきうき感があります。

 ただOSが変わると、同じ機能でも呼び名が変わったり使い方が変わったりして戸惑います。今までコントロールパネルと呼ばれていた機能がウインドウズ10からは「設定」と言う名前に変わっています。他にもコンピューター「PC」です。

 スマホやタブレットで使われている名前と一緒になったと言うことでしょうか。ソフトもスマホと同じようにアプリと呼ばれるようなっています。このようにウインドウズ10はパソコンのOSでありながらスマホやタブレットでも使えると言うことを意識した作りになっているようです。

 そのほかの大きな変更点としては、新しくスタート画面にタイルが導入されています。7からアップグレードしたものにとっては初めての体験ですが、アプリの起動の仕方は他にもあるので、それほど必要性を感じないかなぁと思います。これもどちらかと言えば、スマホ、タブレットでの使い勝手を考えたものなのでしょうか。

 それよりも今回からエクスプローラーに登場したリボンです。私は古いエクセル、ワードを使っているのですが、職場で数年前に新しいバージョンのエクセルやワードに接したとき、画面構成が違っていて戸惑ったことがありました。画面上部のツールバーなどがなくなって見なれないコマンドタブが並んでいるのです。

 それをリボンと言うのだと、今回ウインドウズ10にアップデートしてはじめて知りました。以前の慣れたツールバー方式とどう違うのか、まだ使い勝手が分かりません。リボンの使いこなしが違和感なく出来るようになれば、ウインドウズ10ももう我が手中なのかも知れません。



 今日のNNat King Cole(ナット・キング・ゴール)です。昨年末、娘のナタリー・コールが亡くなったのでしたか。私などは年齢的にはナタリー・コールの方が近いのですが、ナット・キング・コールの大きくて伸びやかな歌声はずっと前からなじんでいた気がします。
 名唱が多いですがその中でもナット・キング・コールと言えばこれですね。



nice!(36) 

Windows10アップグレード顛末 [パソコン]

1-_DSC0046.JPG



 去年の夏にリリースされて、いつ頃からかタスクバーに更新の準備が出来たお知らせの表示がされ、その後パソコンの立ち上げと同時にしつこいほどウインドウズ10へのアップグレードが促されていました。

 私はOSの更新にはわりと慎重でいつも世間の評判を見定めてから、導入するかどうか決めています。おかげで今までもあまり評判の良くなかったOSに捕まらずに過ごしてきたのですが、今回10へのアップグレードは無料で導入できる期間が一年に定められています。

 今のところウインドウズ10の評判は良さそうなので、アップグレードしても良いかな、出来たら無料で出来る間にしたいなと去年の暮れ頃から思いはじめました。

 無料アップグレードの期限が切れる7月の前にはたぶん殺到するのではと思い、出来れば今年の早い間にしたいなと思っていました。

 私のパソコンのOSはウインドウズ7です。購入したのはちょうどウインドウズ8が発売される頃でした。ウインドウズ8に無償でアップデート出来る権利が付いていましたがあえてアップグレードせず7のまま使い続けていました。

 当時としては最高のスペックのマシンを買ったつもりなので、4年経ってはいますが10にアップグレード出来る7及び8が動作するマシンの要件は満たしています。

 ただ、もしもの場合に備えて、ウインドウズ7のバックパップを取っておいた方が良いと言うことなので、アップグレードをする前にバックアップを取ることにしました。

 ところが私のパソコンあれこれいじってあるせいか、ウインドウズ7標準のバックアップ機能が呼び出せません。かと言って、バックアップ専用ソフトを導入してまで取るのも面倒くさく思われ、懸念されるいくつかのソフトとデーターの移動だけ済ませて、そのままアップグレードを実行してしまいました。


1-DSC_3368-001.JPG

 結果は思ったよりスムーズに進みました。時間計っていなかったのですが、1時間もかからなかったのではないでしょうか。数回の再起動を促されただけで、あっけないほど簡単にウインドウズ10が立ち上がってきました。今までのOSのアップグレードと比べると物足りないほど簡単でした。

1-DSC_3369-001.JPG

 まだアップグレードを実行してから1.2日しか経っていないので、いろいろな動作を検証したり自分なりにカスタマイズなどは出来ていないのですが、とりあえずソフトの立ち上げなどは、ウインドウズ7と同じやり方で出来ています。

 あまりにもスムーズに7から10に移行できて、かつ使い心地もウインドウズ7とあまり変わりなさそうなので、7のまま残しておこうと思ったノートパソコンもすぐに10に移行してしまおうかと思ったほどです。

 ただ少し込み入った作業になると今まで通りと行かないことがあって戸惑うことがあります。また、ほとんどそのままと思っていたソフトもよく見ると、ウインドウズ10に対応していないいくつかのフリーソフトが消えていたりしました。

 ウインドウズは対抗するソフトに意地悪をすると言うことを聞いたりしますが、今回もitunesが即使えませんでした。ファイルの関連づけがはずされていたのです。ウインドウズ標準のメディアプレーヤーを使えと言うことなのでしょうが、itunesすぐに関連づけを復活させ無事使えるようになりました。

 他にも今まで通り写真をPicasaで取り込もうとすると、なぜかスムーズに行かないことがありました。wi-fiの設定なども初めのうちは変なバルーンが出たりしました。まだコンピューター自体が10に慣れていないようで使っていくうち少しずつ修復されていくのだと思います。

 私は元来アップグレードよりクリーンインストール派だったので、アップグレードすると今までの環境がそのまま使える便利な面と、OSの違いによって起こる不具合が出るマイナス面がありますね。

 他にもウインドウズ10には標準でエッジという新しいブラウザが搭載されていて、いろいろ便利機能もあるらしいのですが、使用機会は限定されてしまいそうです。

 まず、このso-netブログは動作保証をインターネットエクスプローラーしか認めていません。クロームでさえ使えない機能があるので、最新のエッジに対応してもらえるのはいつのことか、今までの対応からしてあまり期待出来そうにないと思います。

 ウインドウズ10は、サポート切れで使えなくなったXPや数年後にサポート切れを起こす7とは違ってサポートの期限切れがないそうです。一度導入してしてしまえば、ずっと安心して使えます。私のようなものだと、最後のOSになるかも知れません。

 これから使い込んでいくにつれ、他にも細かな障害が出てくるかも知れません。早く自分仕様にカスタマイズしてOSの違いを意識することなく、ウインドウズ10を自由に使いこなせるようになりたいものです。

1-DSC_3370-002.JPG


 今日のNNancy Wilson(ナンシー・ウイルソン)です。彼女もまた、私の中ではジャズ歌手?と言う存在です。なぜかというと唯一持っているアルバムがポピュラー曲をカバーしたものだからということ、それとジャズ歌手にしては声が綺麗というのも原因かも知れません。

 しかし、今回ここに載せるためにYouTubeでいくつか聞いてみましたが、情感たっぷり、ジャージィに歌ってますね。見直してしまったというか、こちらが認識不足でした。


 ところでナンシー・ウイルソンを検索してみるとウキペディアではロック歌手とジャズ歌手二つ出てきて驚きました。両方で登録されているのかと思ったら同姓同名の別人がいるんですね。知りませんでした。


nice!(39)  コメント(22) 

ヒヨドリの生態 [自然]

 生きています。しかし、ここのところ今ひとつこのブログに対してのモチベーションが上がりません。その理由はいろいろあって、病気じゃありませんが加齢なども原因のひとつかも知れません。あるいは季節的な要因があるのかも。

 久しぶりに大きな音でレコードを聞いてみたり、暖かい日は春に向けて畑を耕してみたり、仕事の合間に孫の相手をしたり、しかし、どれもブログで取り上げるほどのこともないような気がして、いつもテーマに詰まっているこの頃です。

 しかし、そんなことは今まででも何回もあったことなので、そこを乗り切って何とか更新していくのもブログを続けていく上でのひとつのテクニックなのかも知れません。

 で、家の裏でカメラを持ってぶらぶらしていたら、近所の畑でヒヨドリを見つけました。スズメやカラスの次に珍しくない野鳥なのですが、他に撮るものもないのでちょっと連写して見ました。内容はタイトルほど大げさなものではなく、例によって他愛ないものです。

1-_DSC0196-001.JPG

 ご近所の畑、白菜の上に1羽のヒヨドリがいるのが目にとまりました。


1-_DSC0198-001.JPG

 少し身を低くして身構えているように見えます。


1-_DSC0201.JPG

 脇を見て


1-_DSC0202.JPG

 後ろを振り返り、なにか警戒しているような怪しげな仕草です。


1-_DSC0205.JPG 

 やはり白菜を突っつきました。ヒヨドリは餌を漁っているのかも知れませんが、この仕草が農家を困らせているのですね。以前、林檎農家の方がヒヨドリのいたずらに困っているとおっしゃってました。ほんの少し、突っつかれただけでもう林檎が売り物にならなくなりますからね。


1-_DSC0206.JPG

 銜えていますね。


1-_DSC0211.JPG

 もう飲み込んでしまったようです。


1-_DSC0194-001.JPG

 この後、ヒヨドリは飛び立って


1-_DSC0235.JPG

 我が家の桜の木の上に止まってまったりと。


1-_DSC0241-001.JPG

 やがて、しつこいレンズの追跡に気づいたのか、鋭い声を上げて飛び立って行きました。


 sigedonnさんから、以前続けていたジャズのYouTube紹介、再開のリクエストがありました。私も最近の低調な記事を補う意味でも何かをアップする必要性を感じていたので、再開することにします。以前何処まで進んだのか、「そらへいの音楽館」を調べてみたら、Mの項で止まり、その後は無作為に単発で載せていたようです。

 で、今日はNになります。Nのトップバッターは、Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)です。彼女がジャズシンガーになのかどうか分かりませんが、この人の父親はジョン・レノンにも影響を与えたインドのラヴィ・シャンカールだそうです。大きな瞳は確かにインド的ですね。



nice!(35)  コメント(21)