So-net無料ブログ作成

東京初日は銀座シグナスで [旅]

2018-02-28 10.56.10.jpg
 京都を走り出してしばらくすると新幹線の車窓に息吹山が飛び込んできました。車窓いっぱいに見えたのは、雪を戴いていたからでしょうか。上の写真は少し遠ざかってからスマホで撮ったものです。

 2月28日、山中慎介選手を応援するため上京しました。それだけなら3月1日で良かったのですが、例によってせっかく上京するなら東京を楽しみたいと思い一日前乗りです。

2018-02-28 12.05.07.jpg
 富士も何とか見えました。空はあいにくの曇り空です。明日は雨の予報、そう言えば去年3月の試合も同じ両国国技館で雨の日でした。

 新幹線がスピードを落として東京駅へ滑り込んでいきます。若い頃、いろいろな思いを胸にこの瞬間を迎えたものです。あの頃、東京に来るのではなく東京に戻るのでした。

 中央線に乗って、四ッ谷に向かいました。東京ブックマークで予約してあるホテルに向かうには、地下鉄の方が便利だったのですが、まずジャズ喫茶いーぐるに寄ってからホテルに回ることにしました。

2018-02-28 13.52.30.jpg 2018-02-28 13.52.53.jpg
2018-02-28 14.26.59.jpg
 3年前に来た時はGPSに惑わされて探しましたが、今回は迷わず行くことが出来ました。壁にはめ込まれたJBL4344 MarkⅡ、相変わらずご機嫌な音で鳴っていました。

 お昼時、ちょうどお腹が空いていたので前回食べておいしかったパスタを頼みました。3年前は帰る日でした。ゆっくりしていたら、妻から電話が掛かってきて何時に帰ってくるのか催促され慌ただしく席を立ったのでした。

 今回は今日が初日、時間はたっぷりあります。新幹線からここまでの疲れもあったのでゆっくりしました。ジャッキー・マクリーンのアルトサックスが気持ち良かったです。

2018-02-28 16.53.18.jpg

 四ッ谷からホテルまで少し距離がありましたが歩きました。チェックインを済ませ室内で荷を下ろすと、なんだかほっこりしてしまって少し寛いでしまいました。

 慎介選手の応援以外に、去年、再会した友人夫妻と今度はゆっくりお酒でも飲みながら来し方のことなどを喋りたいと思っていたのですが、28日は向こうに先約があって会えなくなってしまったのです。

 27日を提案されましたが仕事とブックマークの予約に縛られて変更は不可能でした。その落胆が今回の東京行きに少し影をもたらしていました。

2018-02-28 17.02.55.jpg
 地下鉄に向かう通り沿い、東京ガーデンテラス紀尾井町、この古い洋館は何というのでしょう。夜はライトアップされてました。向かいには麹町中学があり、静かな通りに時折きれいな車が行き交っていました。

2018-02-28 17.10.13.jpg
 歩道橋から見下ろした首都高速4号線と青山通り

 とは言え、せっかく来た東京です。楽しまないわけにはいきません。行き先にいろいろな候補があり迷いましたが、久し振りに渋谷に出てみることにしました。渋谷はこの三度の東京詣で一回も行っていません。と言っても私が行くところはジャズ喫茶くらいしかありません。

2018-02-28 17.46.19.jpg

 メアリー・ジェーンです。渋谷で古くから残っているのはここ一軒だけかも知れません。1972年創業だそうです。私は24.5歳の頃行った記憶があるのですが、その頃はまだ新しいお店だったのです。

2018-02-28 17.50.41.jpg


2018-02-28 18.02.28.jpg

 店内は私の記憶では明るくて、もっと広かったように思うのですが、実際はこじんまりして年月の渋みが出た佇まいになっていました。二階の窓のある風景に記憶が蘇ります。

2018-02-28 18.29.04.jpg

 渋谷は工事だらけとは聞いていましたが、駅を降りたとき自分がどこにいるのかわかりませんでした。幸いメアリー・ジェーンは駅から歩いて5分ほどの近くにありましたが、もう一軒は遠そうです。

 ぐるぐる歩いてやっと大盛堂書店の看板を見つけました。それにしても渋谷の賑わいは凄いですね。スクランブル交差点で待っていて、信号が変わると向こうから一団の人がいっせいにやってきます。軍隊が押し寄せてくるような錯覚を覚えました。

 中心街のきらびやかなネオンサインと人の群れから次第に遠ざかって、薄暗く人通りがまばらになった通り沿いのビル4階に渋谷SWINGがありました。

2018-02-28 18.41.04.jpg
2018-02-28 18.51.41.jpg
2018-02-28 18.52.23.jpg

 以前あった渋谷スイングとは関係の無いお店だそうです。落ち着いた緑に統一されたいい雰囲気のお店でした。マスターは大柄でまだ40歳前後の若さに見えました。私が頼んだコーヒーを時間をかけて丁寧に入れてくれたのが印象的でした。

 先客は女性が一人、その客が帰ったと思ったら若い男性客が二人、別々に入ってきてカウンターに座ってお酒を注文しました。一人は馴染みのお客なのか、マスターはお喋りしながら注文されたお酒を丁寧に作っていました。

 私もお酒を飲んでも良かったのですが、次があるのでコーヒー一杯だけにして出てきました。そのお店が駅から思ったより遠かったので時間を食ってしまいました。

 慌てて渋谷駅に戻り、山の手線で新宿へ。さすがに新宿は昔の庭、すぐに東口に出て前回行けなかったカレーの店ガンジーへ直行です。

2018-02-28 20.24.33.jpg

 ご飯時は過ぎていたのですが賑わっていましたね。窓辺の端っこの席でビーフカレーを食べました。濃厚で後から辛みがじわっと効いてきました。

 新宿に来たのならDUGにも寄りたかったのですが、時間が無いので今回はガンジーだけにして再び電車に乗って新橋に向かいました。

2018-02-28 21.05.04.jpg
 向かったのはこちらです。ライブスポット銀座シグナス、ブログでお付き合いしているジャズピアニスト小野孝司さんが出演されているので、行ってみることにしました。

2018-02-28 21.47.37.jpg

 着いた時間が遅かったのですでに第二部が始まっていました。ピアノトリオにバイオリンとチェロの弦楽器が加わった珍しい構成のクインテットです。入った時、枯葉の演奏の途中だったと思います。

 ジャズを聞きに来たのにバイオリンとチェロの音色にうっとり、ピアノトリオだけの演奏もあって何度もおいしいライブでした。

2018-02-28 21.54.19.jpg

 水割りをいただきながら久し振りのライブにうっとりしていました。この夜はセロニアス・モンクの曲が多かったように思います。

 MCは小野さんでした。私の席は小野さんの真後ろでした。ひとつ上の写真で言うと、画面左端、ピアノの前で右肩だけが見えている方です。

 お店は高級感があって、ライブが楽しめるゆったりした広さがありました。客席にはジャズ喫茶と違って女性客が多かったのも印象的でした。

 演奏が終わって、帰りがけ小野さんに声をかけようかと思いましたが、美しい女性とお喋りされていたので遠慮して新橋の街に出ました。

 さすがサラリーマンの街、舗道に溢れるネクタイ姿の酔客、道路にはそんな客を待つタクシーの列です。お店からきれいなドレスや着物を着たお姉さん方がお客を見送りに出ていたりして、ちょっと華やかな雰囲気、普段はなかなか歩けないところです。

2018-02-28 22.08.03.jpg

 当てずっぽうに歩いていたら銀座に出ました。10時過ぎ、まだどこかに行けそうでしたが明日は愼介君の試合です。地下鉄に乗ってホテルに戻りました。ホテル前にあるコンビニで酎ハイとアテを買い込んで部屋で一杯、私の東京の初日は終わりました。



 今日のEErroll Garner(エロール・ガーナー)です。彼は楽譜が読めず独学でピアノを習得したそうです。
 曲は彼自身が作曲した名曲Mistyです。ナイトクラブで恋人同士が語らいあっているシーンに流れているようなムードのある曲ですね。



nice!(42)  コメント(18) 

nice! 42

コメント 18

寂光

おはようございます。
土曜日の朝の楽しみ、
SORAさんのブログを読ませて頂きました。
いつもながら、
こうした旅先の出来事を、
写真と合わせ、
上手くまとめていらっしゃるので、
勝手に様々な事を思い浮かべながら、
楽しませて頂きました。
ありがとうございました。
by 寂光 (2018-03-10 08:09) 

ケンタパパ

会いたかった友人ご夫妻との再会は叶わなかったようですが、一人旅で知っているお店があって訪問できたのはよかったのではないでしょうか。

私もたまには、ふらっと一人で旅やキャンプに行きたいと思うことはありますが、なかなか叶わないですね。

by ケンタパパ (2018-03-10 10:02) 

きよたん

久しぶりの東京なんだもの
好きな店に行きたいですよね
楽しい夜になって。。
ジャズライブもいいですねえ
by きよたん (2018-03-10 12:25) 

バジィー

>>渋谷スイング
ウェスタン・エレクトリック555ドライバーの音はどうでした?ウーファーがエルタスなので・・・? エルタスの親父さんにローサーPM6を直して貰いました。
by バジィー (2018-03-10 15:56) 

そらへい

寂光さん
おはようございます

週一、金曜更新を目指しているのですが
なかなかぎりぎりにならないと腰が上がらず
結果、時間切れ寸前の走り書き、写真でごまかしている状態です。
その写真も今回は全部スマホで済ませてしまいました。
それでも、楽しんでいただけているとか
私の体験から何か寂光さんに
喚起するものがあれば嬉しいことです。
こんなブログですが
今後ともよろしくお願いします。
by そらへい (2018-03-11 11:14) 

そらへい

ケンタパパさん
こんにちは

そうですね。初めはテンション下がり気味でしたが
いざ、東京に着いてみるとあちこち行きたいところがあって
大都会の交通網に振り回された珍道中でした。
それにしても東京は多彩でエネルギッシュですね。

by そらへい (2018-03-11 13:25) 

そらへい

きよたんさん
こんにちは

慎介選手のおかげで長い間ご無沙汰だった東京に
この4年で3度も行くことが出来ました。
友人夫妻とは会えなかったので
今回は過去二度で行けなかった所と東京観光でした。
その中でも小野孝司さんのライブに行けたのはラッキーでした。
by そらへい (2018-03-11 13:29) 

そらへい

バジィーさん
こんにちは

今回のジャズ喫茶巡りで、最初に入った店と
最後に入った店がJBLでした。
SWINGさんは内装や雰囲気にとらわれて
音響システムの前知識は無かったのですが
鋭いと言うよりは、暖色系の弾む音だったように思います。
by そらへい (2018-03-11 13:34) 

バジィー

>>暖色系の弾む音だったように思います。
ウェスタン・エレクトリック555ドライバーは1個で、JBLオリンパスがステレオペアで買えるほどの代物。大変貴重でじっくり聴かれたら宜しかったのですが・・・。
by バジィー (2018-03-11 15:28) 

そらへい

バジィーさん
こんばんは

そうとは知らず、スピーカーに対峙しない席に座ってしまいました。
スピーカーの向かい側には先客があったせいもありますが。
次に行く機会があれば、是非じっくり聞きたいところですが
次はいつになるやら・・・
by そらへい (2018-03-11 19:14) 

いっぷく

おしゃれなお店をご存知ですね。
私は東京生まれの東京育ちですが東京の南端のため、
渋谷も四ツ谷もほとんど知りません。
学生時代の通学路でしたが、都心から自宅まで遠いので(笑)
途中下車もしなかったですね。
でも今更ですが、興味が出てきました。
by いっぷく (2018-03-12 02:32) 

そらへい

いっぷくさん
こんばんは

昔の記憶は薄れ、東京は変貌しているのに
ほとんど迷わずに行けたのは、
全てグーグルマップのおかげです。
東京と言っても、渋谷、新宿、池袋、蒲田にしても
ひとつの街の充実度が凄いので
生活するのならひとつの街だけで
十分と言う気がしますね。

by そらへい (2018-03-12 20:32) 

yoko-minato

山中慎介さんの試合を応援のための上京で
ご友人ご夫妻の再会と楽しみにいらしたのに
日程の調整が合わず残念でしたね。
でもさすがかつての馴染みのお店めぐりや
ブログ友のお店に出かけて至福の時間を
過ごされたご様子・・・素敵な時間でしたね。
それにしても精力的に動かれたと思います。
たまの上京もいいものですね。
by yoko-minato (2018-03-14 08:08) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんばんは

前二回の上京で行けていないところを補完的に行きました。
後は、時間があったのでお上りさんをしてきました。
あらためて東京は活気のある街だと再認識です。
スマホ片手に、よく歩きました。
不思議とこういうときは膝が痛まないものですね。
でも、以前ほど若くはないので、
できるだけ乗り物を使ったり、
乗り物に乗ったら腰掛けたりして
体力温存につとめました。
by そらへい (2018-03-14 20:57) 

たいへー

生演奏でMistyを聴いてみたいですなぁ。
酒も進むでしょう。^^
by たいへー (2018-03-16 08:04) 

ぼんぼちぼちぼち

いーぐるとメアリージェーンに寄られたのでやすね。
メアリージェーンは再開発で近い将来なくなってしまうので、行かれておいて良かったでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2018-03-16 15:54) 

そらへい

たいへーさん
こんばんは

モンクの曲を数曲演奏されてましたね。
お酒はホテルに帰らないといけないので
一杯だけでしたが、おいしかったです。
by そらへい (2018-03-16 23:14) 

そらへい

ぼんぼちぼちぼちさん
こんばんは

メアリー・ジェーン、なんかそのような話聞いていたので
心配して行ったのですが、なんとか間に合ったようです。
しかし、半世紀近い歳月を刻み込んだあのお店が
なくなってしまうのは残念ですね。
by そらへい (2018-03-16 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。